SUICIDE SQUAD…スーサイド・スクワッド…

スーサイド
監督:デヴィッド・エアー
キャスト:
ウィル・スミス デッドショット(フロイド・ロートン)
ジャレッド・レトー ジョーカー
マーゴット・ロビー ハーレイ・クイン(ハーリーン・クインゼル)
ジョエル・キナマン リック・フラッグ大佐
ヴィオラ・デイヴィス アマンダ・ウォラー
ジェイ・コートニー キャプテン・ブーメラン(ディーガー・ハークネス)
ジェイ・ヘルナンデス エル・ディアブロ(チャト・サンタナ)
アドウェール・アキノエ=アグバエ キラー・クロック(ウェイロン・ジョーンズ)
アイク・バリンホルツ グリッグス
スコット・イーストウッド エドワーズ
カーラ・デルヴィーニュ エンチャントレス(ジューン・ムーン)
福原かれん カタナ(タツ・ヤマシロ)
アダム・ビーチ スリップノット(クリストファー・ワイス)
シェイリン・ピエール=ディクソン ゾーイ
ジム・パラック フロスト
ベン・アフレック ブルース・ウェイン/バットマン





アメコミヒーロー物といえば、MARBELがDC COMICを一歩リードしている感が強く、特にアベンジャーシリーズが映画化された後は、その圧倒的な物量にモノを言わせ稼ぎまくっています。
方やDC COMICも、二大ヒーローであるバットマンとスーパーマンを対決させ『ジャスティスの誕生』なる新作をリリースし巻き返しを図ったわけですが、ヒーローたちがうだうだと超内向きで全く面白くない駄作だったっけ。。。
実はその三月の日本公開時に新宿ピカデリーで配布されたのが、⇩このクリアファイル。


そう、今作『スーサイドスクワッド』主役陣が裏面に登場してるんですよ。まあこれだけでも、半年後の公開に向けてかなりチカラ入ってるのが伺えます。ウィル・スミスのデッドショットはともかくも、ジョーカーを演じるジャレッド・レトとハーレイ・クインを演じるマーゴット・ロビーのキレ具合に期待高まる~。



前置きが長くなりましたが、実はこの作品、観るのよそうかと思ったほど評判が悪い。確かに、極悪人集団がラスボスと闘うモチベーションも必然性も感じられず、何よりラスボスとなった古代魔女(?)が、全くイケてない。アクションヒーロー物としては最低レベルかもしれません。
しかし、ちょっと視点を変えてこの作品のテーマを至上の愛と見れば、ああ、コレもありかなっと。それならば、ヒロイン、ハーレイ・クインの大活躍に惚れ惚れできます。そう、とにかくハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビーの独り勝ち。ジョーカーへの一途な愛にのみ生きる彼女の潔さが男前過ぎて、他キャラは霞んで見える。
ヒーローバトルを期待してはいけません。愛の物語として観る価値ありと、私は思います。
スポンサーサイト
  •   14, 2016 14:46
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment