GENIUS…ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ…

ベストセラー
監督:マイケル・グランデージ
キャスト:
コリン・ファース マックス・パーキンズ
ジュード・ロウ トマス・ウルフ
ニコール・キッドマン アリーン・バーンスタイン
ローラ・リニー ルイーズ・パーキンズ
ガイ・ピアース F・スコット・フィッツジェラルド
ドミニク・ウェスト アーネスト・ヘミングウェイ
ヴァネッサ・カービー ゼルダ・フィッツジェラルド





(allcinema映画データベースよりコピペ)
ピュリッツァー賞作家A・スコット・バーグによる全米図書賞受賞の評伝本『名編集者パーキンズ』を豪華キャストで映画化した伝記ドラマ。アーネスト・ヘミングウェイやスコット・F・フィッツジェラルドを発掘した伝説の名編集者マックス・パーキンズと彼に見出された若き天才作家トマス・ウルフの知られざる交流の日々を、小説の編集という作業を通して紡がれる2人の葛藤と絆とともに描き出す。主演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースと「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウ。共演にニコール・キッドマン、ローラ・リニー。監督はイギリス演劇界を代表する演出家の一人、マイケル・グランデージ。本作が記念すべき映画監督デビューとなる。
 1929年、ニューヨーク。ある日、敏腕編集者マックス・パーキンズのもとに、出版社をたらい回しにされたという原稿が持ち込まれる。作者は無名の作家トマス・ウルフ。原稿を読んだパーキンズはその才能に惚れ込み出版を約束する。ただし、その条件として膨大な原稿の大幅な削除を要求、抵抗するトマスと激論を重ねながらの気の遠くなるような編集作業に取り組んでいく。2人の苦闘の末に完成した処女作『天使よ故郷を見よ』は評判を呼び、瞬く間にベストセラーとなるが…。




ジュード・ロウの代表作って?と考えてみると、記憶に新しいところでロバート・ダウニーJr.主演のシャーロック・ホームズシリーズでのワトソン役が挙げられます。しかし、辿ってみれば『ガタカ』『リプリー』『スターリングラード』『A.I』『コールドマウンテン』『クローサー』『ホリデイ』…、と美形俳優としての出演作があるわあるわ。。。しかし不思議と存在感が薄いのが彼の弱点でしょうかね。
でも、今作のトマス・ウルフ役では彼の久々の熱演好演が見られます。もちろん主役は我が心のアイドル、コリン・ファース様ですが、エキセントリックなトマスが居るからこそ編集者パーキンズの思慮深さが際立つというもの。そして二人が交わす美しい台詞が作品をさらに格調高いものにしています。久しぶりに言葉の持つ力を感じさせる作品でした。

主役の男優二人に対峙する、ローラ・リニー、ニコール・キッドマンの二人もいいですねー。特に、若きトマス・ウルフのパトロン兼愛人となったアイリーンを演じるニコールのイカれ具合が絶妙。ホント壊れてます。
出版社の編集者という裏方稼業にスポットを当てた地味な作品ですが、キャリアを重ねたキャスト陣が紡ぐストーリーは超私好み。

それにしても、アメリカ文学界にその名を残した天才作家と名編集者の物語を、イギリス人監督がイギリス人俳優で撮るって…、アメリカの小説愛好家にはどう見えるんだろう。。。ちなみに映画評価サイト”Rotten Tomatoes”では評価50%程(笑)でした。





スポンサーサイト
  •   19, 2016 15:45
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment