Star Trek Beyond…スター・トレック BEYOND…

Star Trek
監督:ジャスティン・リン
出演:
クリス・パイン ジェームス・T・カーク
ザカリー・クイント スポック
ゾーイ・サルダナ ウフーラ
サイモン・ペッグ モンゴメリー・“スコッティ”・スコット
カール・アーバン レナード・“ボーンズ”・マッコイ
アントン・イェルチン パヴェル・チェコフ
ジョン・チョー ヒカル・スールー




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
往年の大ヒット・ドラマ・シリーズを「M:i:III」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督がリブートしたSFアドベンチャー大作のシリーズ第3弾。深宇宙へ向けて航行を続けていたエンタープライズ号が惑星連邦を否定する新たな敵と遭遇、連邦の理念を守るべく過酷な戦いに身を投じるカークたちクルーの運命を描く。出演はクリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらレギュラー・メンバーに加え、新たにイドリス・エルバ、ソフィア・ブテラが参加。監督は前2作のJ・J・エイブラムスに代わり、「ワイルド・スピード EURO MISSION」のジャスティン・リンが務める。また本作は、長年スポック役としてファンに愛され、2015年に惜しまれつつこの世を去ったレナード・ニモイと、本作にもチェコフ役で出演し、全米公開直前に事故で急死したアントン・イェルチンの2人に捧げられている。
 5年におよぶ宇宙探査へと旅立ったエンタープライズ号。それから3年あまりが経ち、ジェームス・T・カークの中には艦長という役目に対する迷いが生じていた。一方、副艦長のスポックもまた別の理由から迷いを抱えていた。そんな中、宇宙基地ヨークタウンに寄航したエンタープライズ号一行は、そこで未知の宇宙船に乗る女性から仲間の救助を求めるメッセージを受け取り、すぐさま救出へと向かう。しかしそれは巧妙な罠で、エンタープライズ号はクラールという異星人からの襲撃を受け不時着を余儀なくされ、クルーたちもバラバラになってしまうのだったが…。







あ"~~~‼️
U.S.S.エンタープライズ号がああああ~~~‼️
トレイラーで予備知識があったとはいえ、初っ端から撃沈の衝撃に打ち震えました。やられる時は壊滅的にやられるのね。しかしカーク船長はアッサリと退船命令を出したよなあ。まあ、そりゃそうだ、だって宇宙連邦の軍人だもの、クルーの安全第一優先だよ。。。

などと、つまらない感傷に浸る間もなく、この王道のSF冒険活劇は次々とエピソードを繰り出します。さすがサイモン・ペグが脚本に絡んでいるだけ事あって、おなじみのメインキャストたちに其々見せ場を持たせ、観る者を飽きさせません。私はTrekieではなくStar Wars派ですが、端々にユーモアを織り交ぜたストーリーに充分満足。平素のモヤモヤを吹っ飛ばすにはもってこいのエンタテインメント作品でした。
ジャンルの異なる作品とはいえ、シリーズ物の欠点を晒したボーンシリーズとは良い対象。やっぱりね、脚本が大事なんですよ映画はね。ホント、脚本が大事。



リブート版がリリースされて早7年、若さが目立った俳優陣も落ち着きを見せ、特にカーク船長役クリス
・パインにキャプテンらしい風格も見られます。一方で、チェコフ役のアントン・イエルチェンの事故死が何とも残念。彼のロシア訛りの軽妙な英語がもう聞けないなんて。。。(合掌)
スポンサーサイト
  •   24, 2016 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment