INFERNO…インフェルノ…

インフェルノ
監督:ロン・ハワード
キャスト:トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン






(allcinema映画データベースよりコピペ)
宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍を描くダン・ブラウンの世界的ベストセラー・シリーズをロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した大ヒット・ミステリー・アドベンチャーの「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第3弾。フィレンツェやベネツィア、イスタンブールを舞台に、新種のウイルスによって人類の半数を死滅させようとする大富豪の恐るべき計画を阻止すべく、ダンテの叙事詩『神曲』の“地獄篇(インフェルノ)”に隠された暗号の謎に挑むラングドンの決死の戦いの行方を描く。共演はフェリシティ・ジョーンズ、ベン・フォスター。
 ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。そして映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、ダンテのデスマスクの持ち主で大富豪の生化学者ゾブリストに辿り着くラングドン。彼は人口爆発による人類滅亡を回避する唯一の解決策だとして、恐るべき計画を目論んでいた。シエナとともに次々と立ちはだかる謎を読み解き、ゾブリストの野望を食い止めるべく奔走するラングドンだったが…。








引き続きシリーズ物、しかも奇しくも同じく3作目です。
おなじみダン・ブラウンの"ラングドン教授シリーズ"は、長編小説をギュッと圧縮して描く結果、息つく暇もなくストーリーを追い掛けざるを得ない宿命を背負っています。特に一作目の『ダ・ヴィンチ・コード』は、まるで西洋史の講義を受けている様な印象でした。2作目は若干改善したものの、長尺はやはり避けられず、そして私にはラングドン教授の深い洞察力と明晰さは伝わらず、まあ、それでもサスペンスとして一作目よりも楽しめたという記憶があります。


さてこの3作目。相変わらずラングドン教授は忙しく、世界規模のパンデミックを回避する為に、フィレンツェ→ヴェネチア→イスタンブールと世界遺産を駆け巡ります。見ようによっては、世界遺産ツアーのプロモーションビデオにも見えますが、導入部、ダンテの神曲から呼び起こされる教授の心象風景がミステリー度を高めていますね。ただ、登場人物のキャラ説明を端折っている分見る側の想像力が求められ、三つ巴の追跡劇を理解するのに時間を要するのも否定できません。これはやはり、長編小説をオリジナルとする作品の宿命でしょう。

それでも工夫を凝らした脚本で尺も2時間にまとめられ、それなりのどんでん返しもあり、個人的にはこの3作目が一番完成度が高いと感じました。おそらく、原作を読んでいる方には色々不満もあろうかと思いますが、エンターテイメント作品としては合格点。今回も3作目が一番良かった…という番狂わせです。。。

スポンサーサイト
  •   02, 2016 14:25
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment