HITCHCOCK/TRUFFAUT…ヒッチコック/トリュフォー…

ヒッチコック
監督:ケント・ジョーンズ
出演:マーティン・スコセッシ、デヴィッド・フィンチャー、アルノー・デプレシャン、黒沢清、ウェス・アンダーソン、ジェームズ・グレイ、オリヴィエ・アサイヤス、リチャード・リンクレイター、ピーター・ボグダノヴィッチ、ポール・シュレイダー
アルフレッド・ヒッチコック(アーカイヴ映像)
フランソワ・トリュフォー(アーカイヴ映像)




(allcinema映画データベースよりコピペ)
1962年、ヒッチコックを敬愛するトリュフォーの熱烈なラブコールが実り、トリュフォーによるヒッチコックへのロングインタビューが実現する。1週間に及んだこのインタビューは詳細な映画解説書『定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー』としてまとめられ、フランスとアメリカで同時出版されるや、ヒッチコックの評価を決定づけるとともに世界中の映画人たちのバイブルとなった。本作は、そんな伝説的なインタビューの貴重な音源をもとに、ヒッチコックの映画理論とテクニックを解き明かしていくとともに、マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、リチャード・リンクレイター、黒沢清をはじめとする現代を代表する映画監督たちへのインタビューを通して、『映画術』が世界の映画作家たちに与えた計り知れない影響と、ヒッチコック映画の魅力を改めて再確認するドキュメンタリー。





映画プロの、映画プロによる、映画プロの為のドキュメンタリー作品。
著名な映画人達が、如何にヒッチコックを理解し、崇拝し、影響されたかを知る事ができます。『めまい』『汚名』『ロープ』『知りすぎていた男』『北北西に進路を取れ』とヒッチコックの作品が次々に論じられ、特に、低迷していた彼の名声を呼び戻した名作『サイコ』に対するマーティン・スコセッシ監督の綿密な分析に興味惹かれました。
そして、ヒッチコック自身が語る映画論の真髄「私は観客の為に映画を撮る」という言葉が心に残ります。これぞ、彼の作品がその作家性を持って語られる理由に違いありません。
ヒッチコック作品だけでなく、オリジナル・インタビューを仕掛けたフランソワ・トリュフォーの作品にも疎い私は、未だ未だ勉強不足です。改めて偉大な二人の監督の作品を見たくなりました。
スポンサーサイト
  •   15, 2017 14:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment