EYE IN THE SKY…アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場…

アイインザスカイ
監督:ギャヴィン・フッド
キャスト:ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーサム、フィービー・フォックス、イアン・グレン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
 ドローンをはじめ最新テクノロジーでテロリストの偵察、捕縛を目指す英米共同軍事作戦会議を舞台に、遠隔操作で行われる現代の戦争の実態を赤裸々に描き出した緊迫の軍事サスペンス。主演は「クィーン」「黄金のアデーレ 名画の帰還」のヘレン・ミレン、共演にアーロン・ポール、バーカッド・アブディ、イアン・グレン、そしてこれが遺作となるアラン・リックマン。監督は「ウルヴァリン:X-MENZERO」「エンダーのゲーム」のギャヴィン・フッド。
 ロンドン。英国軍のキャサリン・パウエル大佐は国防相のフランク・ベンソン中将と協力して、英米合同テロリスト捕獲作戦の指揮に当たっていた。米国軍の最新鋭ドローン偵察機がケニアのナイロビで凶悪なテロリストたちのアジトを突き止めるが、彼らがまさに自爆テロを決行しようとしていることが発覚、パウエル大佐は即座にドローンのミサイル攻撃によるテロリスト殺害作戦の決行を決断する。その指示を受け、米国ネバダ州では、新人のドローン・パイロット、スティーブ・ワッツがミサイルの発射準備に入る。するとその時、アジトの真横でパンを売る少女の姿が発見される。民間人の少女が巻き添えになる可能性が明らかとなり、ロンドンの会議室では軍人や政治家たちの議論が紛糾し、結論が先延ばしされていく。大規模な自爆テロの決行が目前に迫っている以上、少女を犠牲にしてでもテロリストを攻撃すべきと訴えるパウエル大佐だったが…。






オスカー女優ヘレン・ミレンは、意志の強い女性を演じさせたら天下一品、メチャクチャかっこいい。確か"デイム"の称号も受けていたっけ。少女の犠牲を巡り、政府筋から攻撃命令が下りない事に苛立つ冷徹な指揮官は正にハマリ役です。一方、攻撃の正当性を確信しながらも、決して焦ることなく政府筋との調整に努める国防相を演じるアラン・リックマンも負けていません。昨年亡くなったのが実に惜しまれます。

作品はこの二人を軸に、イギリス軍、イギリス政府、そしてアメリカ軍とアメリカ政府の間で繰り広げられる軍事ミッションが、極上のサスペンス映画として撮られています。そしてそこには、ドローン技術の恐るべき進化がもたらす新しい戦闘の形が示され、遠隔地からの解析と試算による数字が全てを左右する。ロンドンとネバダとハワイとケニアは瞬時に一体化し、ミッションは敢行されるのです。


サスペンスとしても、心理劇としても、群像劇としても、見応えのある秀作。また一方で、捕獲作戦で試算される一人の少女の犠牲の可能性と、喫緊に被るであろうテロによる多大な犠牲とを天秤にかける事を不条理と感じる人間の判断は正しいのか。最終判断をたらい回しにする政府筋の保身体質が果たして文民統制を担えるのか。様々な疑問の沸き起こる作品でした。。。必見です。



スポンサーサイト
  •   24, 2017 16:21
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment