DOCTOR STRANGE…ドクター・ストレンジ…

ドクター
監督:スコット・デリクソン
キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、ベンジャミン・ブラット、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
事故ですべてを失った天才外科医が、魔術師のもとで修行を積み、スーパーヒーロー“ドクター・ストレンジ”として活躍するマーベルの異色ヒーローを、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」「SHERLOCK/シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で映画化したアクション・アドベンチャー大作。共演はティルダ・スウィントン、レイチェル・マクアダムス、キウェテル・イジョフォー、マッツ・ミケルセン。監督は「フッテージ」「NY心霊捜査官」のスコット・デリクソン。
 ニューヨークの病院で働く天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。ある日交通事故に遭い、両手に外科医としては致命的な負傷をしてしまう。一瞬にしてその輝かしいキャリアを失った彼は、あらゆる治療法を試し、最後にカトマンズの修行場カマー・タージに辿り着く。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンと巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、ワンに弟子入りする。そして過酷な修行の末に魔術師として生まれ変わったストレンジ。そんな彼の前に魔術の力で世界を破滅に導こうとする闇の魔術師カエシリウスが現われ、人類の存亡をかけた戦いの渦に巻き込まれていくストレンジだったが…





『Dr. ストレンジって?』てな具合で、『ヘェ~、マーベルの異色ヒーローなんだあ。』と。『まあ、でも、バッチ(ベネディクト・ガンバーバッチ)が悩める外科医を演じるなら、見てみよっと。。。』、てな感じで見て参りました。でも、思ってたのと全然違いましたね(笑)。

トレイラーと実際の内容が違うなんて事はよくある事で、観客動員だけを目的とした悪質なプロモーション姿勢に、度々腹がたったりもします。が、今回は、ちょっと違う。要するに私の予備知識が不足していただけの事で、『あ、そうか、これは基本はコメディなんだ!』と納得しました。
だって、イケ好かない高慢な外科医がネパールで修行して魔術師になるんだもん(笑)。スーパーヒーローっつったって、結局はラスボスと魔術対決して地球を救うんだもん、SFでも何でもありゃしない。そう思えば、気難しい赤いマントと対話する事も許せます。あちこちに散りばめられた会話ジョークを楽しめるだけでなく、ゴージャスなvfx映像のオマケ(インセプションにクリソツ!だけど)が付いていれば、お得感もアリです。

というわけで、難しい事言わずに軽いノリで楽しむべき作品。エンドロールの前後に差し込まれたお決まりのダブルのボーナス映像によれば、ソーとロキとの絡みがあるらしいので、魔術師と異星人のコラボを期待しましょう。


見覚えのあるカトマンズの街の喧騒。懐かしくもあり、切なくもあり。。。
スポンサーサイト
  •   29, 2017 12:36
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment