HOMME LESS…ホームレス…

ホームレス
監督:トーマス・ヴィルテンゾーン
出演:マーク・レイ




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
 ニューヨークでファンッション・フォトグラファーとして活躍するマーク・レイ。長身でデザイナーズ・スーツを華麗に着こなす彼は、実は家を持たないホームレス。ファッションショーや華やかなパーティ会場にも顔を出す一方、寝床は雑居ビルの屋上。吹きさらしで寝袋にくるまり一夜を明かす日々。彼はこの奇妙な二重生活を6年近くも続けていた。本作は、そんな厳しい競争社会を自分なりのこだわりで生き抜くホームレス・ニューヨーカー、マーク・レイの日常に密着した異色ドキュメンタリー。





御歳52才の元モデルのフォトグラファー、マーク・レイ氏。所有という概念を極め、生活を極限まで削ぎ落とした彼がたどり着いたたのが、究極のミニマリストとしてのホームレス生活だった。

トレイラーでは確かそんなニュアンスだったと思うけれど、実際の内容は全く違いました。なんか、悪意を感じるプロモーションですが、まあそれでも、違った意味で興味深い作品だったので、許すとします(笑)。
要するに、プロのフォトグラファーとしては鳴かず飛ばずで、その容姿を活かした俳優業も華麗なニューヨーク生活を維持するほどのものではなく、いたしかた無くホームレスになっちゃった、という事です。それでも、保険料やスポーツジムの会費は支払い続け、ニューヨークを立ち去る事は出来ない。雑居ビルに寝ぐらを設け、ジムの洗面所や公衆トイレで洗濯をしながらも、去勢を張ってニューヨークのファッション界に出没する。彼を本末転倒とも言える不可思議な偽装生活に駆り立てるモノは何なのか?何とも複雑な気持ちになる作品でした。

ニューヨークの街の夢と希望に酔ったまま、現実逃避をするかのように街を闊歩するマーク・レイ氏の未来には何がある?

スポンサーサイト
  •   13, 2017 10:51
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment