MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN…ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち…

ペレグリン
監督:ティム・バートン
キャスト:
エヴァ・グリーン ミス・ペレグリン
エイサ・バターフィールド ジェイク
クリス・オダウド フランク
アリソン・ジャネイ ゴラン
ルパート・エヴェレット 鳥類学者
テレンス・スタンプ エイブ
エラ・パーネル エマ
フィンレー・マクミラン イーノック
ローレン・マクロスティ オリーヴ
ラフィエラ・チャップマン クレア
ヘイデン・キーラー=ストーン ホレース
ジョージア・ペンバートン フィオナ
マイロ・パーカー ヒュー
ピクシー・デイヴィーズ ブロンウィン
キャメロン・キング ミラード
ジョセフ・オドウェル 双子
トーマス・オドウェル 双子
ルイス・デイヴィソン ヴィクター
キム・ディケンズ ジェイクの母
ジュディ・デンチ ミス・アヴォセット
サミュエル・L・ジャクソン





(allcinema映画データベースよりコピペ)
 ティム・バートン監督がランサム・リグズのベストセラー『ハヤブサが守る家』を映画化したダーク・ファンタジー・アドベンチャー。亡くなった祖父の遺言に導かれ、ハヤブサに変身できる女主人と奇妙な子どもたちが暮らす屋敷へと辿り着いた少年が経験する不気味で摩訶不思議な冒険を描く。主演はエイサ・バターフィールド、共演にエヴァ・グリーン、エラ・パーネル、クリス・オダウド、ジュディ・デンチ、サミュエル・L・ジャクソン。
 フロリダに暮らす孤独な高校生ジェイクにとって祖父だけが唯一の理解者だった。幼い頃から祖父の語る荒唐無稽な冒険譚を聞くのが大好きだった。ある日、その祖父が謎めいた死を遂げる。やがてジェイクは祖父が最期に遺したメッセージに導かれ、英国ウェールズのとある小さな島へとやって来る。そして大きな屋敷の廃墟を目の当たりにするジェイクだったが、島を彷徨ううちに、いつしか屋敷が焼け落ちる前の世界へと迷い込んでしまう。そこでは美しい女主人ミス・ペレグリンと、奇妙な能力のために外の世界では生きられない子どもたちが暮らしていた。第二次大戦でドイツ軍に空爆されたはずのその屋敷は、時間を操ることができるミス・ペレグリンによって同じ一日を繰り返し、子どもたちは年をとることもなく平和に生き続けていたのだが…。





異形の者の哀切に限りないシンパシーを示すティム・バートンですが、本来得意とするはずのダーク・ファンタジー作品では近年精彩を欠いた感があります。チャリチョコや、スウィニートッド、フランケンウィニー辺りまでは、おもしろかったんですけどね~。。。

ティム・バートン版"X-men"、否"X-kids"とも言える本作品。超個性的な異端児が次々と登場しますが、イマイチ面白味に欠けるのは、其々のキャラキャラクターの掘り下げが足りないのが原因です。世界征服を狙う悪役バロンのキャラも上滑りしていて、インパクトが弱い。その中で、唯一存在感を示していたのが、ミス・ペレグリンを演じていたエヴァ・グリーン。濃いめのメイクをばっちり決め、嬉々として女主人を怪演しているのが印象的でした。

オリジナル小説のストーリーを忙しくなぞるだけの脚本が、作品を駄目にしている典型的な例。映画はね、とにかく脚本次第です。そう、ホントに脚本が大事なんです。




スポンサーサイト
  •   15, 2017 10:52
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment