THE MAGNIFICENT SEVEN…マグニフィセント・セブン…

マグニフィセント
監督:アントワーン・フークア
キャスト: デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センスマイヤー、ヘイリー・ベネット、ピーター・サースガード




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
 黒澤明監督による不朽の名作「七人の侍」を西部劇に翻案した「荒野の七人」をデンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホークら豪華キャストでリメイクした西部劇アクション。監督は「トレーニング デイ」「イコライザー」のアントワーン・フークア。
 開拓時代の小さな田舎町。そこでは冷酷な悪徳実業家バーソロミュー・ボーグが町の資源を独占しようと荒くれ者たちを従え、傍若無人の限りを尽くしていた。ある日、ボーグに夫を殺されたエマは、サムと名乗る賞金稼ぎの銃の腕前を見込んで、町を救ってほしいと住民からかき集めたなけなしの全財産を差し出し懇願する。最初は興味を示さなかったサムだったが、この依頼を引き受けることにし、ギャンブラーのジョシュをはじめ腕利きの男たちのリクルートを開始する。こうしてワケありのアウトロー7人が小さな町を守るために雇われ、やがて彼らはボーグ率いる200人超の悪党軍団に無謀とも思える戦いを挑んでいくのだったが…。




良くも悪くも、ハリウッドらしい大味な西部劇アクション映画。リメイク版の宿命で、完全にストーリーは読めているので、あとは新作としてどう個性を出すかですが、ひたすらデンゼル・ワシントンの強さと格好良さが際立つワンマン作品になっています。

周りを固めた手堅いキャストは、アイルランド人のお調子者を演じたクリス・プラットの軽さがアクセントになっている程度で、全般的にキャラの掘り下げが不足、ちょっと勿体無い感アリです。イーサン・ホークとかもう少しスポットを当てて欲しかったなあ。まあ、尺の問題もあるので、七人全員を使いこなすのは難しいのかもしれません。煩いこといわず、後半のド派手なドンパチ💥を手に汗握って楽しみましょう。


個性的な印象の強いヴィンセント・ドノフリオが、ホント熊みたいな巨漢になっててビックリ仰天。エンドロール見るまで、彼って気付かなかったyo。。。


スポンサーサイト
  •   18, 2017 11:12
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment