ASSASSIN'S CREED…アサシンクリード…い

アサシン
監督:ジャスティン・カーゼル
キャスト: マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、シャーロット・ランプリング、マイケル・K・ウィリアムズ



(allcinema映画データベースよりコピペ) 
世界的大ヒット・ゲームをマイケル・ファスベンダー主演で映画化したアクション大作。歴史の裏で長きにわたって対立してきた“アサシン教団”と“テンプル騎士団”の抗争に巻き込まれた一人の男の冒険の行方を、パルクールを軸とした迫力のアクション満載に描き出す。共演はマリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、シャーロット・ランプリング。監督はマイケル・ファスベンダーとマリオン・コティヤールとは前作「マクベス」に続いてのコラボとなるジャスティン・カーゼル。
 人間の自由意思をコントロールできるという“エデンの果実”を巡り、“アサシン教団”と“テンプル騎士団”の間で長年にわたる暗闘が繰り広げられてきた――。2016年。一人の殺人犯カラム・リンチに死刑が執行される。ところが、実際にはその身柄は生きたままアブスターゴ財団の研究所へと運ばれていた。そこでは、遺伝子に刻まれた記憶を辿ることができる特殊な装置“アニムス”が開発されていた。実はカラムは、“エデンの果実”の秘密を守るアサシン教団の伝説のアサシン、アギラールの末裔だったのだ。研究所は“エデンの果実”を狙うテンプル騎士団によって運営されており、研究者のソフィア・リッキンは、アニムスを使ってカラムにアギラールの人生を追体験させることで“エデンの果実”の秘密に迫ろうとしていたのだった。こうして遺伝子の記憶を介して自らの先祖アギラールとなり、スネサンス期のスペインへと舞い降りたカラムは、アサシン教団とテンプル騎士団の壮絶な抗争の渦へと巻き込まれていくのだったが…。






中性ヨーロッパで活躍した実在の組織テンプル騎士団(騎士修道会)と伝説の宗教団体アサシン教団の抗争を、クールなアクションと最新の映像技術で描く、仮想アドベンチャームービーです。
私はビデオゲームを一切しないし、当然ゲームの知識はゼロ。それでも、売れっ子のマイケル・ファスフェンダー(好きなんです)とマリアン・コティヤール、オマケにジェレミー・アイアンズが出てるっつう事で、公開初日の金曜午後劇場に行って参りました。館内はシニア層がパラパラ、そしてゲーム世代と思しき高校生男子のグループも。きっと彼らはこの『アサシン・クリード』のゲームファンなんだろうな。。。

劇中、イロイロ科学的講釈が述べられていましたが、要するにイマドキのVR(ヴァーチャル・リアリティ)をテーマとしたアクションムービーで、フランスに本社を置くubisoft社の大ヒットゲームの世界をそのまま映画作品として創り上げリリースされたらしいです。
まあ、"たかがゲーム、されどゲーム"という言葉もある様に、とにかく多額の資本が投入されている事がよ~くわかります。キャストのギャラも決して安くはないはず。その恩恵を無条件に受け入れ、ルネッサンス期スペインを舞台にしたバトルアクションをひたすら楽しむべき作品でした。

マリアン・コティヤールが、クールな科学者を好演。彼女はホントに美しい。主人公カラム・リンチとの絡みが常にドライで、つまらんラブストーリーが織り込まれていない点に好感が持てます。。。
スポンサーサイト
  •   04, 2017 19:26
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment