KONG: SKULL ISLAND…キングコング:髑髏島の巨神…

キングコング
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
キャスト: トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン、トビー・ケベル、ジョン・オーティス、コーリー・ホーキンズ、ジェイソン・ミッチェル、シェー・ウィガム、トーマス・マン、テリー・ノタリー、ジョン・C・ライリー、MIYAVI




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「GODZILLA ゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズが、ハリウッドを代表する巨大モンスター“キングコング”を壮大なスケールでリブートしたアクション・アドベンチャー大作。太平洋に浮かぶ謎の孤島を訪れた調査隊が、想像を絶する巨大生物たちと遭遇し、決死のサバイバルを繰り広げるさまを迫力のアクション満載に描き出す。主演は「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、共演にサミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン。監督はTVを中心に活躍し、本作が長編2作目のジョーダン・ヴォート=ロバーツ。なおレジェンダリー・ピクチャーズでは以降もモンスター映画をシリーズとして製作していく計画で、2020年にはキングコングとゴジラの激突が予定されているとのこと。
 泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある70年代前半。南太平洋上に未知の孤島が発見され、米国政府特務機関“モナーク”によって編成された調査隊が派遣される。リーダーを務めるのは、ジャングルでのサバイバルに精通した英国陸軍特殊空挺部隊の元兵士コンラッド。メンバーはほかに研究者にカメラマン、ベトナム帰りの米軍ヘリ部隊を率いるパッカード大佐といった面々。しかし調査のために爆破を繰り返す一行の前に突如、あまりにも巨大な生物キングコングが現われ、ヘリコプターを次々と破壊し始める。その圧倒的な破壊力に為す術もない人間たちは、この恐るべき生物から逃げ延び、一刻も早く島から脱出すべく決死のサバイバルを繰り広げるのだった。






ハリウッドのエンタメ大作が続きます。
こちらも主役のトム・ヒドルストンとブリー・ラーソン狙いで鑑賞。しかし、ブリー・ラーソンはホント売れてますねえ。。。

さて本作の内容ですが、『パッセンジャー』同様、巨額の資本が投入されたサバイバルアドベンチャーかと思っていたら、予想を良い意味で大きく裏切る、迫力の怪獣大戦争映画でした(笑)。先ずはイントロでキングコングが堂々の登場、これが後の人間ドラマの伏線となっています。

そして米軍ヘリを後方から俯瞰する美しい映像とジャングルの果てに現れる原住民集落に、アッ!と腑に落ちました。そう、あのBGM "ワルキューレの奇行" こそ聞こえてきませんが、これはまるで、フランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』じゃありませんかあ。。。いやあ、驚きました。
さらに、その米軍ヘリ部隊を率いるパッカード大佐を演じたサミュエル・L・ジャクソンが、主役の二人どころか、キングコングをも凌ぐ強烈なキャラクターで異彩を放っています。彼はこういう狂気の人がホントよく似合う。

日本発の怪獣映画にコッポラ監督へのリスペクトを絡ませた、この不思議な世界観を味わう事のできる娯楽作品は、なんと!マーベルと組んでシリーズ化が決定しているらしいです。エンドロール後のボーナス映像にその告知があるので、最後まで席を立たないでね。


スポンサーサイト
  •   01, 2017 00:02
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment