CAFE SOCIETY…カフェ・ソサエティ…

0 0
カフェ
監督:ウディ・アレン
キャスト:ジーニー・バーリン、スティーヴ・カレル、ジェシー・アイゼンバーグ、ブレイク・ライヴリー、パーカー・ポージー、クリステン・スチュワート、コリー・ストール、ケン・ストット




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」のウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台に、2人のヴェロニカに翻弄される青年のほろ苦い恋と成長を描くロマンティック・コメディ。主演はジェシー・アイゼンバーグ、共演にクリステン・スチュワート、ブレイク・ライヴリー、スティーヴ・カレル。
 1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン。ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビーがハリウッドで働きたいというので面倒を見て欲しいと頼まれる。やがてボビーが現われると、秘書のヴェロニカ(ヴォニー)に街を案内させる。美しいヴォニーにすっかり心奪われるボビーだったが、彼女にはワケありの恋人がいた。その後ニューヨークへと戻ったボビーは、ギャングの兄が経営するナイトクラブの支配人となり頭角を現わしていく。そんなある日、奇しくもヴォニーと同じヴェロニカという名の美女と出会い、たちまち恋に落ちるボビーだったが…。





良くも悪くもウディ・アレン監督による軽妙洒脱な恋愛コメディ作品です。ゴールデンウィークど真ん中、公開初日で混雑しているかと思いきや意外とガランガラン。昔ほどの人気は無いのかしら。。。

齢80歳を超えるアレン監督、相変わらず精力的に次々と作品を発表しておられますが、今作はいささかパワーダウンでしょうか。いつもの強烈なアイロニーは影を潜め、若者のなんとも滋味深い成長物語となっています。夢見るハリウッドと実利追求のニューヨークを行き来する密やかな情熱がなんとも切ない。時代こそ違え、ハリウッドの夢と現実の間に横たわる矛盾を描いた『ラ・ラ・ランド』と表裏一体の作品と感じました。こっちの方がウンと良いけどね。



主役を演じたジェシー・アイゼンバーグは、どうしても「ソーシャル・ネットワーク」でのザッカバーグキャラが抜けきれず何かと損してる感じですが、ウディ・アレンのペーソスを体現しようと頑張ってます。兄ベンのギャングネタが保守的なユダヤ人家庭を象徴している所にもアレン節アリです。
ページトップ