DANCER…ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣…

ダンサー
監督:スティーヴン・カンター
キャスト:セルゲイ・ポルーニン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
ウクライナ出身で、史上最年少の19歳で英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニン。しかしそのわずか2年後、人気絶頂の中で電撃的に退団してしまう。そんなバレエ界きっての異端児にして天才ダンサー、セルゲイ・ポルーニンの類い希な才能に恵まれたがゆえの孤独と葛藤を軸に、その知られざる素顔に迫るドキュメンタリー。監督は「ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド」のスティーヴン・カンター。




極限まで身体を酷使するバレエダンサーの心の軋みが伝わるドキュメンタリーでした。
驚異的な身体能力を備えるが故に、精神の極限を超えるほどに身体が動いてしまう…という極致。天才の苦悩などという安直な言葉ではとても言い表せない壮絶な世界がそこにあります。そして、バレエ界の窮屈な決まり事と、追い打ちをかけるように訪れる両親の不和。自己の成功こそが家族に幸せをもたらす、と信じ踊り続けた少年は内側からあっさりと壊れてしまう。

無駄に情緒的にならず、当事者である本人、家族、関係者のインタビューを織り交ぜ、天才ダンサーの実像を忠実に伝えようとする客観的な姿勢が感じられる作品です。
クラシックバレエのスタイルを超えた、天才ポルーニンの純粋な自己表現が躍動する動画『Take Me To Church』は、バレエの知識の無い私の心に響くものがありました。2000万回再生にも納得です。
スポンサーサイト
  •   03, 2017 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment