THE FOUNDER…ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ…

ファウンダー
監督:ジョン・リー・ハンコック
キャスト:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、リンダ・カーデリーニ、パトリック・ウィルソン、B・J・ノヴァク、ローラ・ダーン





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な筆致で描き出す。共演はニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン。監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。
 1954年、アメリカ。レイ・クロックはシェイクミキサーを売り歩く52歳の営業マン。ある日、1度に8台もの注文が入り驚くレイ。さっそく店を訪ねてみると、そこはマクドナルド兄弟が経営する大繁盛のハンバーガー店だった。レイはその無駄のない合理的なシステムに感服し、ビジネスとしての可能性を見出す。さっそく兄弟にフランチャイズ化による全国展開を提案し、晴れて契約を取り交わすレイだったが…。





日本マクドナルドといえば、数年前高級路線へシフトして高額ハンバーガーをラインナップしたけれど、敢え無く失敗。その後凄腕(?)新CEOを迎えたものの、異物混入やら高ピー対応批判の逆風に晒されての原点回帰。再びお値打ち商品戦略で復権というドラマチックな展開が何かと話題となっていますが、本作は本家本元のマクドナルド・チェーン創業の逸話を、ビジネスという観点からクールに描いた作品です。

ビジネスマンとしてのレイ・クロックをどう捉えるかで本作の評価も大きく別れるのでしょう。したたかなレイが、マクドナルド兄弟のハンバーガーショップをあくまでもビジネスツールとして発展させた功績を評価すれば、とても興味深い作品と言える一方で、本家マック兄弟のハンバーガーショップに対する愛情を蔑ろにした狡猾なビジネスマン見なせば、実に不愉快で苦々しいお話と言えます。

しかし、両者が交わした契約のニッチな部分を拡大解釈し不動産事業を展開していったレイは、ビジネスの世界で勝者となった訳で、そもそもマクドナルド兄弟と彼とは目指すものが違っていただけの事です。個人的には、レイ・クロックの強烈な上昇志向が強く印象に残った作品でした。


決断と行動だけが成功を導く。。。ですね。
スポンサーサイト
  •   04, 2017 14:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment