DUNKIRK…ダンケルク…

ダンケルク
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:
フィオン・ホワイトヘッド トミー
トム・グリン=カーニー ピーター
ジャック・ロウデン コリンズ
ハリー・スタイルズ アレックス
アナイリン・バーナード ギブソン
ジェームズ・ダーシー ウィナント大佐
バリー・コーガン ジョージ
ケネス・ブラナー ボルトン中佐
キリアン・マーフィ 謎の英国兵
マーク・ライランス ミスター・ドーソン
トム・ハーディ ファリアー



(allcinema映画データベースよりコピペ) 
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨットや漁船など多くの民間船も参加し、結果的として兵士の犠牲を最小限に抑えることに成功した。この史上最大の撤退作戦と呼ばれる史実を、「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、圧倒的臨場感で描き出した緊迫の戦争アクション・ドラマ。出演はフィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、マーク・ライランス、トム・ハーディ。
 1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。若き英国兵トミーが街中を必死で逃げ回り、ようやく辿り着いた海岸には、おびただしい数の兵士たちが救助の船を待っていた。しかし彼らに残された時間は限られていた。そこでドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、民間の船までをも総動員した救出作戦が決行される。民間船の船長ミスター・ドーソンもそれに呼応し、息子とともに危険を顧みず同胞が待つダンケルクへ向け船を走らせる。そして最新鋭戦闘機スピットファイアのパイロット、ファリアーもまた、危険を承知の上で味方の撤退を援護すべくイギリスから飛び立つのだったが…。







今年はちょっと気力低調で、エネルギーを消耗する作品を避けたい気分。メル・ギブソン監督の『ハクソーリッジ』あたり洋画ファンならばマストと知りつつも軽くスルーしてましたが、今作『ダンケルク』は、現代の鬼才クリストファー・ノーランがメガホンを取ったっつう事で、気力振り絞り言って参りました。しかも巷の噂に従い、初IMAXでございます。

まず最初に、プラス400円のIMAXを選択して正解。通常より大きなスクリーンに投影されるダンケルクの海岸は果てしなく、しかも美しい。そして、身体の奥底を突き上げる最大限のボリューム音は、否応なく臨場感を高めます。

しかし、この作品、戦争映画と謳われていますが、実は地上のイギリス軍は全く戦わないのです。もう、ただただ逃げて耐えて帰還船の到着を待つのみ、しかも敵であるナチス軍の描写も無しという、何とも不思議な作品でした。
要するに、陸、海、空から切り取ったそれぞれのモチーフを繋ぎ合わせた壮大な映像を通して、民間船までも総動員させたダンケルクのダイナモ撤退作戦の緊張感を共有するための作品なのです。従って特定の人物に特化したドラマは無く、その点で批判もあるようですが、その感情移入を極力避けた脚本と構成が実に潔い。そして、ドラマ性の有無を退けた各人の深い演技がこの作品を支えているのだと思います。


この作品を観て思い出したのが、ジョー・ライト監督の『つぐない』。こちらは同じ第二次世界を舞台とした切ない恋愛ドラマなのですが、主人公が敗走の末辿り着いたのがこのダンケルクだったんだ…とあらためて認識しました。5分半に及ぶワンカットで撮影されたダンケルク海岸の描写は今作のそれよりも悲惨で重厚でした。その事からも、ノーラン監督は戦争の実態をリアルに描くよりも、その場に居合わせた人々の感覚を再現する事に努めている事がわかります。その意味から、新しいスタイルの戦争映画と言えるでしょう。




お気に入りのトム・ハーディ演じるパイロットが乗るイギリス空軍のスピットファイアと、それを迎え撃つドイツ空軍のメッサーシュミットの空中戦。個人的に馴染みの深い二つの戦闘機が美しく描かれているのが嬉しい。。。


スポンサーサイト
  •   14, 2017 12:52
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment