FC2ブログ

AMERICAN MADE…バリー・シール/アメリカをはめた男…

バリー
監督:ダグ・リーマン
キャスト: トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト・オルセン、ジェシー・プレモンス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 、ハンドロ・エッダ、マウリシオ・メヒア、E・ロジャー・ミッチェル、ローラ・カーク、ベニート・マルティネス、ジェイマ・メイズ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
トム・クルーズがCIAの極秘任務を請負いながら、麻薬密輸で巨万の富を築いた実在の天才パイロットを演じるクライム・アクション。類い希な操縦テクニックで政府ばかりか、麻薬王からも雇われた男の破天荒な人生をコミカルなタッチで描き出す。監督は「ボーン・アイデンティティー」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン。
 1970年代後半のアメリカ。大手民間航空会社のパイロットして働くバリー・シールは、愛する妻子とともに何不自由ない暮らしを送っていた。そんなある日、彼の天才的な操縦技術に目を付けたCIAが、彼をある極秘作戦にスカウトする。こうしてCIAの汚れ仕事を手伝ううちに、巨大麻薬組織“メデジン・カルテル”の伝説の麻薬王パブロ・エスコバルにもその腕を買われ、麻薬の運び屋としても大活躍するバリーだったが…。





はあい、私の嫌いなトム・クルーズの主演作品です。観るべきかどうか激しく迷ったものの、割と評判が良さげなの観て参りました。で、率直な感想は…、やっぱりトム様のワンマン作品でした。

波瀾万丈のパイロット生活を送ったバリー・シールの伝記映画。彼の高度な飛行技術と商魂にスポットを当て、麻薬組織とCIAとを手玉にとる様子を痛快コメディとして描いており、全編に漂う主人公の押しキャラの強さと節操の無さが、俺様トムに見事にマッチ!。私としては途中胸焼けがする程(笑)でしたが、それなりに上手くまとめられています。


しかし、この作品の本質はそこに非ず。オリジナルタイトルの示す"american made"にあると思われます。要するに、アメリカ中央情報局(central intelligence agencies)の比類まれなき悪行を皮肉っているのです。不安定要素を持つ発展途上国に、紛争ネタや武器、戦闘員を送り込み、本国アメリカの都合の良い様に政局を誘導する。世の政情不安は全てAmerican Madeだよねー、なんて軽く言い放っているのではないでしょうか。いささか穿った見方とは思うけれど、多分そんなセンスも綯交ぜにしているに違いありません。

という事で、チョイと悪ふざけの伝記作品でした。。。




スポンサーサイト
  •   26, 2017 18:22
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment