FC2ブログ

FRANTZ…婚約者の友人…

婚約者
監督:フランソワ・オゾン
キャスト:
ピエール・ニネ アドリアン
パウラ・ベーア アンナ
エルンスト・シュトッツナー ハンス
マリー・グルーバー マグダ
ヨハン・フォン・ビューロー クロイツ
アントン・フォン・ルケ フランツ
シリエル・クレール アドリアンの母
アリス・ドゥ・ランクザン ファニー



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「8人の女たち」「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督がエルンスト・ルビッチ監督による1932年の反戦ドラマをミステリー色を強めてリメイク。第一次大戦直後のドイツとフランスを舞台に、戦争で婚約者を亡くしたドイツ人女性と、そんな彼女の前に現われた亡き婚約者の友人だという謎めいたフランス人青年との心温まる交流と、青年が抱える秘密と葛藤を、モノクロとカラー映像を織り交ぜミステリアスなタッチで描き出す。主演は「イヴ・サンローラン」のピエール・ニネとオーディションで選ばれたパウラ・ベーア。
 戦後間もない1919年のドイツ。戦争で婚約者のフランツを亡くし、悲しみから立ち直れずにいるアンナはある日、フランツの墓の前で泣いている見知らぬ男性と出会う。アドリアンと名乗るその青年は、フランツと戦前のパリで知り合ったと明かす。フランツとの思い出話を聞き、2人の友情に心癒されていくアンナ。最初は敵国の人間と抵抗感を抱いていたフランツの両親も、アドリアンの人柄に触れるうち、いつしかこの息子の友人を温かく受け入れていくのだったが…。





ドイツの田舎町に突然現れたフランス人青年に対し市井の人々が憎悪を剥き出しにする中で、婚約者を失った若き女性が抱く彼への淡い恋心と青年自身が隠し持つ心の闇を絡ませた異色の反戦ドラマ。

正体のわからぬ青年をめぐってのドイツ人感情が実にストレートに表現されている一方で、婚約者の友人と名乗るこのフランス人青年がいかにも訳あり風で、見る者の心に不安を抱かせます。そんな怪しげなキャラにドンピシャなのが、ピエール・ニネ。以前演じたイブ・サンローランのイメージが強すぎて、まさか友人じゃなくて恋人?なのかと思いましたが、違いました(笑)。もっと、エグい。
繊細でガラス細工のような風情には、我々だけでなく実直なヒロインをも惑わす強烈なエゴが隠されているのです。終盤で吹き出る彼のエゴはヒロインを打ちのめしますが、彼女もまた負けてない、見事に立ち直り一人歩み始めます。

断ち切るべき憎悪の連鎖を描いた反戦映画というよりも、守るべき秘密の重さを知った女性の自立のドラマなのかもしれません。モノクロで描かれていた映像が、彼女の心情の変化と共にほのかに色付いていく演出が秀逸。

スポンサーサイト
  •   06, 2017 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment