FC2ブログ

NOCTURNAL ANIMALS…ノクターナル・アニマルズ…

ノクターナル
監督:製作:脚本:トム・フォード
キャスト:
エイミー・アダムス スーザン・モロー
ジェイク・ギレンホール トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールド
マイケル・シャノン ボビー・アンディーズ
アーロン・テイラー=ジョンソン レイ・マーカス
アイラ・フィッシャー ローラ・ヘイスティングス
エリー・バンバー インディア・ヘイスティングス
カール・グルスマン ルー
アーミー・ハマー ハットン・モロー
ローラ・リニー アン・サットン
アンドレア・ライズブロー アレシア
マイケル・シーン カルロス





(allcinema映画データベースよりコピペ)
 映画監督デビュー作「シングルマン」で高い評価を受けたカリスマ・デザイナー、トム・フォードが、オースティン・ライトのベストセラー・ミステリーを実力派キャストの豪華共演で映画化したサスペンス・ドラマ。20年前に別れた夫から突然小説が送られてきたことに戸惑いながらも、その衝撃的な内容に惹きつけられていくヒロインの不安と葛藤を、過去と現在に加え劇中小説の物語も巧みに織り交ぜ、美しくかつスリリングに描き出す。主演は「メッセージ」のエイミー・アダムスと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。共演にマイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン。
 アート・ディーラーとして成功を収めながらも夫との結婚生活は冷え切り、満たされない日々を送るスーザン。ある日そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワードから彼の著作『夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)』が送られてくる。作品が彼女に捧げられていることに困惑しつつも、早速読み始めたスーザン。そこに綴られていたのは、車で移動中の家族が暴漢グループの襲撃に遭い、妻と娘が殺され、夫は刑事と共に犯人たちを追い詰めていくという壮絶な復讐の物語だった。そのあまりに暴力的な内容と完成度の高さに衝撃を受けながらも、これを彼女に捧げたエドワードの意図をはかりかねるスーザンだったが…。





トム・フォード監督、待望の新作映画です。デビュー作『シングルマン』はその内容に賛否両論があったものの、彼の美意識に基づく一分の隙もないスタイリッシュな映像は文句無しに賞賛されました。そして、この『ノクターナル・アニマルズ』にも、その美意識は見事に引き継がれています。

今回は映像美だけでなく、劇中劇となる小説がヒロインの過去と現実にシンクロするという巧みな演出が眼を惹きます。そこには優れた脚本とキャストの重厚な演技あってこそのもの。幾層にも重ねられたエピソードが極上のミステリーを抽き出すのです。

ヒロインに送られてきた暴力的な小説の内容と彼女のスタイリッシュな日常は、過去に置き去りにしてきた残酷なまでのヒロインのエゴを介してシンクロし、物に満たされてはいても心の満たされない彼女の不安と憂鬱を増幅させる。これは彼女に手痛い仕打ちを喰らった前夫の強烈なリベンジの物語なのかもしれません。ロマンを追い求める男性と打算的になりがちな女性との間に横たわる深い溝を、同性愛者のトム・フォード監督が鋭く突いているのです。


芝居巧者の居並ぶキャストのなかでも、小説に登場する犯人の一人を演じたアーロン・テイラー・ジョンソンが良いです。人格破綻寸前の極悪キャラぶりに、最後まで彼とは気づかなかったwa。。。

スポンサーサイト
  •   08, 2017 11:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment