FC2ブログ

THEIR FINEST…人生はシネマティック!…

人生
監督:ロネ・シェルフィグ
キャスト: 
ジェマ・アータートン カトリン・コール
サム・クラフリン トム・バックリー
ビル・ナイ アンブローズ・ヒリアード
ジャック・ヒューストン エリス・コール
ヘレン・マックロリー ソフィー・スミス
エディ・マーサン サミー・スミス
ジェイク・レイシー カール・ランドベック
レイチェル・スターリング フィル・ムーア
ポール・リッター レイモンド・パーフィット
ジェレミー・アイアンズ 陸軍長官
リチャード・E・グラント ロジャー・スウェイン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「17歳の肖像」「ワン・デイ 23年のラブストーリー」のロネ・シェルフィグ監督が、第二次世界大戦下のロンドンを舞台に、幾多の困難を乗り越え、国民に勇気を与える映画の完成に執念を燃やす一人の素人女性脚本家と個性豊かな映画人が織りなす愛と情熱の物語を描いた戦時ラブ・コメディ。主演は「ボヴァリー夫人とパン屋」のジェマ・アータートンと「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン。共演にビル・ナイ。
 1940年、第二次世界大戦下のロンドン。ドイツ軍の空爆が続く中、政府は国民を鼓舞するプロパガンダ映画の製作に力を入れていた。その一方、映画界は度重なる徴兵で人手不足。ある日、コピーライターの秘書をしていたカトリンが、いきなり新作映画の脚本家に大抜擢される。内容はダンケルクの撤退作戦でイギリス兵の救出に尽力した双子の姉妹の活躍を描く物語。戸惑いつつも、自分をスカウトした情報省映画局の特別顧問バックリーらと協力して初めての脚本執筆に挑むカトリン。しかしそんな彼女の前には、無理難題を押し付ける政府側のプレッシャーや、わがまま放題のベテラン役者など、いくつもの困難が待ち受けていたのだったが…。





国民の戦意高揚のための映画制作に情熱を傾ける映画人たちの奮闘劇です。これ、映画好きには堪らない作品でした。

ダイナモ作戦というコードネームで呼ばれるダンケルクの大規模撤退作戦は、事実上の敗走であるにもかかわらず、イギリス人にとっては民間人も参加した栄誉ある奇跡の作戦として大いに称えるべき史実。これを題材にしたプロパガンダ映画には、政府や軍の思惑と映画人たちの本音が絡み合い、製作現場が混乱状態となる様子がウィットに富んだプロットで描かれていきます。恋と笑いと、ちょっぴりの悪意とそして涙、そのいずれもがバランス良く配置され、いかにもイギリスらしい節度あるコメディ作品に仕上がりました。
主人公カトリンがその知性と才能で自己実現を果たす姿が頼もしい。演じるジェマ・アタートンも中々の好演。そして、映画は、まずは優れた脚本と監督の手腕、そしてキャスト達の熱演が揃わなければ成り立たない事をはっきりと示しています。

コメディの体裁をとりつつも、映画の真実と人生のあり方を語るチャーミングな良作です。
スポンサーサイト
  •   21, 2017 10:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment