LUMIERE!…リュミエール!…

リュミエール
監督:ティエリー・フレモー
製作:ティエリー・フレモー、ベルトラン・タヴェルニエ
脚本:ティエリー・フレモー
ナレーション: ティエリー・フレモー



(allcinema映画データベースよりコピペ)
1895年、フランスのルイとオーギュストのリュミエール兄弟が映画の原型となるシネマトグラフを発明した。本作は“映画の父”リュミエール兄弟が1905年までの10年間に製作した1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表にしてリヨンのリュミエール研究所の所長も務めるティエリー・フレモーが108本を厳選し、発明者としてのみならず映画監督としてのリュミエール兄弟にも光を当てるべくオマージュを捧げた映像集。映像は4Kデジタルで修復され、フレモー自ら解説ナレーションを担当。






たった50秒のシネマグラフが108本登場します。まさに映画の黎明と言える映像には、当時の一般庶民の生活や風俗が映し出されており、映画の誕生という側面だけでなく、歴史的な記録としても価値があります。
が、しかし、驚くべき事は、これらの映像は単なる記録映画ではなく、実は綿密に演出されたもであるという点です。特にその構図は実に巧みで、物と人の配置に無駄が無い。限られた時間内に表現すべきもの全てを組み込むという、まさに商業映画の原型という呼び名に相応しい、活気に満ちた108本でした。

"リュミエール"とは、フランス語で光の意。彼らがこの名を背負い映画を誕生させたのは単なる偶然なのか?興味惹かれるところです。
スポンサーサイト
  •   24, 2017 17:54
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment