FC2ブログ

今月の美術館

恒例の美術館巡りですが、今回の東京ステイは短いので、ターゲットにしたのは12月半ばに終了する上野の森美術館『怖い絵展』だけ。しかしこの美術展、大人気で連日長蛇の列が出来ているらしい。刻一刻と呟かれる公式ツイッターによれば、平日でも2時間近く、休日に至っては3時間も並ばなきゃなんないとな。。。






さあどーすると躊躇っていたところ、寒波急来で東京の気温がグッと下がり、しかも雨がショボショボ降る11/30の木曜日午後、公式ツイッターで朗報をキャッチ!

どうやら今日はいつもより行列が短いらしいぞ、ということで出かけて参りました。

はい、もちろん並びました。でもチケットブースには列はなく、入館までの所要時間表示は30分。

ほほほ、表示通り、待ち時間丁度30分で無事入管致しました。


しかし会場内は大混雑。こういうのって、入り口近くが1番混んでいて、奥に進むほど人混みがバラける。

神話と聖書
悪魔、地獄、怪物
魔界と幻視
現実
崇高の風景
歴史

と分類された絵画をザザザっとスキップして、最後のブース、一番の呼び物である『レディ・ジェーン・グレイの処刑』へ到達しました。
パンフからチョイと画像拝借。



思いの外サイズの大きい絵で、処刑の時を迎えんとする悲劇の元女王の覚悟と周りを包む悲嘆の渦が、冷徹に伝わってきます。歴史上の事実を描いているとしても、この存在感は凄いね。しかし、私にはむしろ美しく感じました。

他にも見どころはありましたが、やはり、コレが一番です。。。



スポンサーサイト
  •   03, 2017 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment