FC2ブログ

MANOLO: THE BOY WHO MADE SHOES FOR LIZARDS…マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年…

マノロ
監督:マイケル・ロバーツ
出演:
マノロ・ブラニク
アナ・ウィンター
リアーナ
パロマ・ピカソ
シャーロット・オリンピア
ジョン・ガリアーノ
ソフィア・コッポラ
イマン
アンジェリカ・ヒューストン
ルパート・エヴェレット




(allcinema映画データベースよりコピペ)
1970年代にデビューして以来、世界中のセレブを虜にしたシューズブランド“マノロブラニク”。TV「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公が愛用したことで一大ブームを巻き起こす。本作は、そんなブームの中でも手仕事にこだわり続ける天才デザイナー、マノロ・ブラニクの創作の秘密とその素顔に迫るファッション・ドキュメンタリー。







何年か前、親しい友人と、「女の人って靴派とバッグ派に分かれるよね。」などと話し合った事があった。その当時、その彼女はフェラガモの靴ばかり履き倒す完璧な靴派で、一方私はブランドバッグこそ買い漁ったりはしないものの、様々なシチュエーションに備えてソコソコのバッグを結構沢山所有していた。
そんな私も歳を重ねるにつれ、徐々に靴派に転向。まあ、その理由の一つに靴の単価の方が圧倒的に安価という事もあるけれど、それでも、機能性に偏りやすいバッグよりも、女性の足?脚?を美しく見せる靴の方が、美しく且つ妙にセクシーに思えて、靴選びを楽しんでいる。


このドキュメンタリー映画に登場するマノロ・ブラニクの靴は、謂わばオートクチュールやプレタポルテに相当する超高級品で、我々庶民には到底手の届かないシロモノだけれど、その美しさたるや眺めるだけでもため息の出る素敵な物ばかり。しかし、それ以上にチャーミングなのが、その靴を生み出す天才デザイナー、マノロ・ブラニク氏本人だ。
自身を職人と言わしめ、何より工房で創作活動に勤しむ時間こそが至福の時と言い放つ。「彼の先にも後にも彼以上の才能の持ち主は現れない」と発言する関係者達の、マノロ・ブラニクへの尊敬の念が溢れるドキュメンタリー作品だった。

靴のカットに見え隠れする足の指の割れ目は、洋服で言うデコルテにあたる…とな。なるほどねえ。。。


スポンサーサイト
  •   10, 2018 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment