THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI…スリー・ビルボード…

スリー
監督:マーティン・マクドナー
キャスト:
フランシス・マクドーマンド ミルドレッド
ウディ・ハレルソン ウィロビー
サム・ロックウェル ディクソン
アビー・コーニッシュ アン
ジョン・ホークス チャーリー
ピーター・ディンクレイジ ジェームズ
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ルーカス・ヘッジズ
ケリー・コンドン
ダレル・ブリット=ギブソン
ジェリコ・イヴァネク
キャスリン・ニュートン
サマラ・ウィーヴィング
クラーク・ピータース
サンディ・マーティン





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドが娘を殺された母親の怒りと悲しみを体現して絶賛された衝撃のサスペンス・ドラマ。アメリカの田舎町を舞台に、主人公がいつまでも犯人を捕まえられない警察に怒りの看板広告を掲げたことをきっかけに、町の住人それぞれが抱える怒りや葛藤が露わとなっていくさまを、ダークなユーモアを織り交ぜつつ、予測不能のストーリー展開でスリリングに描き出す。共演はウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。監督は「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。
 アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への辛辣な抗議メッセージが出現する。それは、娘を殺されたミルドレッド・ヘイズが、7ヵ月たっても一向に進展しない捜査に業を煮やして掲げたものだった。名指しされた署長のウィロビーは困惑しながらも冷静に対処する一方、部下のディクソン巡査はミルドレッドへの怒りを露わにする。さらに署長を敬愛する町の人々も広告に憤慨し、ミルドレッドに掲載を取り止めるよう説得するのだったが…。






オスカー必須の下馬評を裏切る事無く、アカデミー賞6部門にノミネートを果たした『スリー・ビルボード』。早速、公開初日に観て参りました。はい、前評判通りの良作でございます。

主人公ミルドレッドの深い悲しみは娘の死に対する自責と後悔の念を増幅させ、やり場のない憤懣となって爆発する。一方、思いがけない形で責任を弾糾されたウィロビー署長は、差し迫る余命に惑いながらも残される家族への想い募らせる。そして、分別と思慮を欠くディクソン巡査はといえば、その一途さ故に暴走し迷走する。
この三者を軸に描かれるストーリーは、幾層にも折り重なった心の襞を持て余す生身の人間の在り方を示していて、実に深いのです。善人か悪人かという単純な図式ではなく、誰しもが相反する自己の情念と折り合いをつけながら生きていかなければならない…、そんな事を伝える作品でした。お勧めです。






 
スポンサーサイト
  •   01, 2018 17:57
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment