FC2ブログ

TOIVON TUOLLA PUOLEN / THE OTHER SIDE OF HOPE…希望のかなた…

希望
監督:アキ・カウリスマキ
キャスト:
出演: シェルワン・ハジ カーリド
サカリ・クオスマネン ヴィクストロム
シーモン・フセイン・アル=バズーン マズダック
カイヤ・パカリネン ヴィクストロムの妻
ニロズ・ハジ ミリアム
イルッカ・コイヴラ カラムニウス
ヤンネ・フーティアイネン ニュルヒネン
ヌップ・コイヴ ミルヤ
カティ・オウティネン 洋品店の女店主
マリア・ヤンヴェンヘルミ 収容施設の女性



(allcinema映画データベースよりコピペ)
 フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が難民問題をテーマに贈るハートウォーミング・ドラマ。2017年ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)受賞作。フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、妹の行方を捜すシリア難民の青年が、非情な現実に希望を打ち砕かれそうになるさまと、そんな彼に優しく手を差しのべる市井の人々の小さな善意が織りなす心温まる人情ドラマをユーモラスに綴る。主演はシリア人俳優のシェルワン・ハジとカウリスマキ作品の常連サカリ・クオスマネン。
 内戦が激化するシリアを逃れ、フィンランドの首都ヘルシンキに流れ着いた青年カーリド。過酷な長旅の中で混乱に巻き込まれ、今やたった一人の家族である妹ミリアムと離ればなれになってしまった。彼の唯一の望みは、その妹を見つけ出し、フィンランドに呼び寄せることだった。しかしカーリドの難民申請は無情にも却下されてしまい、彼は収容施設から脱走する。ヨーロッパ全土を揺るがす難民問題が暗い影を落とす中、容赦ない差別や暴力に晒され、行き場を失うカーリド。そんな時、レストラン・オーナーのヴィクストロムという男と出会い、彼の店で働かせてもらえることになったカーリドだったが…。



シリアのアレッポから逃れ、トルコ、ハンガリーを経由してヘルシンキにたどり着く主人公カーリド。彼が語るブダペストでの混乱状態は、『ジュピターズ・ムーン』でのその描写に重なります。が、しかし、さすが名匠カウリスマキ。主人公の抱える困難を主観に溺れず距離感を持って描き、市井の人々の善意を独特のユーモアで表現する。
何だかよく分からないけれど、あるあるネタネタで観る者をクスリとさせる手腕は健在です。

難民カーリド程ではないにしろ、レストランオーナーのヴィクストロムもまた自らの居所を求める迷い人であり、要所要所で挟み込まれる歌が切なく心に沁みるのです。彼が妻と再会するシーンでは、日本のレトロな歌謡曲が流れますよ。。。
スポンサーサイト
  •   14, 2018 22:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment