THE GREATEST SHOWMAN…グレイテスト・ショーマン…

ショーマン
監督:マイケル・グレイシー 
キャスト:
ヒュー・ジャックマン P・T・バーナム
ザック・エフロン フィリップ・カーライル
ミシェル・ウィリアムズ チャリティ・バーナム
レベッカ・ファーガソン ジェニー・リンド
ゼンデイヤ アン・ウィーラー
キアラ・セトル レティ・ルッツ
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世 W・D・ウィーラー





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「レ・ミゼラブル」「LOGAN/ローガン」のヒュー・ジャックマンが「ラ・ラ・ランド」でアカデミー歌曲賞を受賞した作詞作曲家チームとタッグを組んで贈る感動のミュージカル・エンタテインメント。誰も観たことのない画期的なショーを生み出した伝説の興行師P・T・バーナムの波瀾万丈のサクセス・ストーリーを華麗な歌と踊りで描き出す。共演はザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ。監督はVFXアーティストで本作が長編デビューとなるマイケル・グレイシー。
 19世紀半ばのアメリカ。貧しい少年時代を過ごしたP・T・バーナムは、幼なじみのお嬢様チャリティとの身分違いの恋を実らせ結婚する。そして愛する家族のために成功を追い求め、挑戦と失敗を繰り返した末、ついに前代未聞のショーをつくりあげ、大衆の心を掴むことに成功する。しかし、そのあまりにも型破りなショーに上流階級の人々は眉をひそめるばかり。そこで英国で成功を収めた上流階級出身の若き興行師フィリップを口説き、パートナーとして迎えるバーナムだったが…。






ヒュー・ジャックマンと聞いて、X-menシリーズのウルヴァリンを思い出す人も多いかと思いますが、実は彼、アメリカのミュージカル作品・俳優に与えられるトニー賞を受賞した事もある、歌って踊れるパフォーマーなんですね~♫。

そんな彼が持ち味を遺憾無く発揮した本作。強烈な上昇志向を持つ興行師のサクセスストーリーが、最初から最後まで絢爛豪華な演出によって疾走します。

P・T・バーナム氏が実際のところどんな人物であったかは問題にしてはいけません。異形の人々を興行の為に表舞台に立たせる事の人道的是非には目を瞑り、華麗な歌と踊りにだけ目を向けて、アメリカン・ドリームの体現を実感するべき作品です。

そうは言っても、残念ながら様々な雑感が沸き起こる事も否定出来ず、本作品の内包する諸問題をどう消化するかが評価の分かれ目となるでしょう。当の私と言えば...、キャストの優れたパフォーマンスは評価すれど、イマイチ楽しめませんでした。。。




スポンサーサイト
  •   16, 2018 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment