THE BIG SICK…ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ…

ビッグシック
監督:マイケル・ショウォルター
キャスト:
クメイル・ナンジアニ クメイル
ゾーイ・カザン エミリー
ホリー・ハンター ベス
レイ・ロマノ テリー
アヌパム・カー アズマ





(allcinema映画データベースよりコピペ)
口コミで全米サプライズ・ヒットとなり、数々の映画賞も賑わせたジャド・アパトー製作の感動ラブ・コメディ。人気コメディアンのクメイル・ナンジアニが、自身と妻エミリー・V・ゴードンとの馴れ初めにまつわる驚きの実話を、エミリーとともに脚本を手がけ、自ら主演して映画化。白人女性と恋に落ちたパキスタン系移民のクメイルが、まるで文化の異なる家族と恋人のはざまで揺れ動くさまと、思わぬ障害に直面した2人の恋の行方を、移民を巡るアメリカ社会の実情とともにユーモラスなタッチで描き出す。共演はゾーイ・カザン、ホリー・ハンター、レイ・ロマノ。監督は「ドリスの恋愛妄想適齢期」のマイケル・ショウォルター。
 パキスタン生まれ、シカゴ育ちの青年クメイルは、弁護士になってほしいという両親の期待とは裏腹に、ウーバーの運転手をしながら駆け出しのコメディアンとして小さなクラブのステージに立つ日々。そんなある日、大学院生のエミリーと出会い、たちまち恋に落ちる。しかし厳格なイスラム教徒の両親は、息子の結婚相手は自分たちが決めるものと考えていて、ことあるごとにパキスタン人女性をクメイルに引き合わせようとするのだった。当惑しつつも家族にもエミリーにも本当のことが言えずに優柔不断な態度を取ってしまうクメイル。そんな煮え切らないクメイルに、エミリーはついに別れを切り出す。ところが数日後、クメイルは彼女の友人からエミリーが原因不明の病で昏睡状態に陥ったとの連絡を受ける。病院に駆けつけたクメイルは、別れた経緯を知るエミリーの両親から冷たくされてしまうのだったが…。

 




実体験を元に当事者カップルが脚本を書き、主人公クメイルを"リアル"のクメイル・ナンジアニが演じているので、結末はおおよそ予想できているはずなのに、これが妙にスリリングで最後の最後まで間延びする事なく見ている私達を強く惹きつける、そんなチャーミングな作品でした。

予定調和のラブコメでもなければ、お涙頂戴の闘病モノでもない。テーマはそこには非ず、男と女、親と子、夫と妻、宗教や文化の狭間に立ちはだかる不寛容は、私達の身近な生活の至る所に潜んでいて常に選択を迫られる。そんな普遍的な命題を、軽やかに、そして実に真摯に描いている点に好感が持てます。

浮気を告白した夫を許す事が出来ず、怒りの感情を持て余すエミリーの母親。時にエキセントリックに疾る彼女を熱演したホリー・ハンターに大拍手。。。
スポンサーサイト
  •   27, 2018 22:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment