FC2ブログ

THE SHAPE OF WATER…シェイプ・オブ・ウォーター…

シェイプ
監督:ギレルモ・デル・トロ
キャスト:
サリー・ホーキンス イライザ
マイケル・シャノン ストリックランド
リチャード・ジェンキンス ジャイルズ
ダグ・ジョーンズ 不思議な生きもの
マイケル・スタールバーグ ホフステトラー博士
オクタヴィア・スペンサー ゼルダ





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督が米ソ冷戦下を舞台に、政府に捕らえられた半魚人と、掃除婦として働く口の利けない孤独なヒロインの切なくもピュアな愛の物語を描き数々の映画賞に輝いた感動のファンタジー・ラブストーリー。主演は「ハッピー・ゴー・ラッキー」「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと、「ヘルボーイ」のエイブ・サピエンをはじめ数々の異形キャラクターを演じてきたモンスター役俳優の第一人者ダグ・ジョーンズ。共演にマイケル・シャノン、オクタヴィア・スペンサー、リチャード・ジェンキンス。
 1962年、アメリカ。口の利けない孤独な女性イライザは、政府の極秘研究所で掃除婦として働いていた。ある日彼女は、研究所の水槽に閉じ込められていた不思議な生きものと出会う。アマゾンの奥地で原住民に神と崇められていたという“彼”に心奪われ、人目を忍んで“彼”のもとへと通うようになる。やがて、ふたりが秘かに愛を育んでいく中、研究を主導する冷血で高圧的なエリート軍人ストリックランドは、ついに“彼”の生体解剖を実行に移そうとするのだったが…。 




3/4の授賞式を控えたアカデミー賞に13部門のノミネートを果たした『シェイプ・オブ・ウォーター』。各方面で絶賛されているので、是非とも授賞式の前にと思い、公開初日観て参りました。

ギレルモ・デル・トロ監督と言えば、何と言っても名作『パンズ・ラビリンス』、そして彼の和製怪獣映画への敬愛に満ち溢れた『パシフィック・リム』と、いずれも大っ好きな映画なので、本作にも大いに期待していたのですが。。。いけませんね、これは。。。全然面白くない。。。


米露冷戦時代を舞台にしつつ、昨今声高く叫ばれる"diversity(多様性)"も此処に極まれり。口の利けない女性とアマゾンの半魚人との純愛に、ホモ・セクシュアルの初老隣人、同僚の黒人女性、ロシア人スパイらマイノリティの悲哀を絡ませ、対軸マジョリティとして冷徹無慈悲なエリート白人軍人を登場させる構図は、余りに用意周到で既視感が拭えない。オマケにヒロインの首の傷跡が導くであろう"落ち"が、冒頭瞬時に見通せて、私はドッチラケしてしまいました。
"シェイプ・オブ・ウォーター"のタイトル通り、変幻自在の水の形を愛の形になぞらえ描くアート作品である事は認めるものの、とにかく話がつまらないのです。そもそもマイノリティ同士の愛を描くには、形式やスタイルばかりが先行し過ぎて、ただただ五月蝿い。その上、どのキャラクターもステレオタイプに描かれていて中身スカスカ。。。


ああ、期待していただけに、珍しく全否定の酷評になってしまいました。巷で高評価を得ている本作にこれっぽっちも魅力を感じない私は、人間としての豊かな情緒が欠落しているのかも…と不安になりますが、つまらないものはつまらない。半魚人に食いちぎられ、縫合したものの腐臭を放つエリート軍人の指。その傷口から彼が半魚人に変節し遂には発狂するのかも…、と先読みした私がバカだった。。。





 
スポンサーサイト
  •   01, 2018 23:56
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment