FC2ブログ

第90回アカデミー賞、決まりました。

アカデミー
日本時間で昨日、本年のオスカーが決まりました。


私が酷評した『シェイプ・オブ・ウオーター』が13部門にノミネートされていて、各部門を総なめにしたらどうしよう…(って、どうしようも無いんだけどね)とマジで心配してましたが、結局、作品賞・監督賞・美術賞・音楽賞の4部門で受賞。まあ、ハリウッドの業界人がギレルモ・デル・トロ監督にかなーり肩入れしている感が有り有りだったので、この結果はいたし方無いかなぁというのが率直な感想です。
個人的にイチオシだった『スリー・ビルボード』は、主演女優賞と助演男優賞の二部門で受賞。特に助演男優賞のサム・ロックウェルが獲ったのが何より嬉しい。しかも、主演女優賞フランシス・マクドーマンドのオスカー像がアフターパーティの最中に盗まれる!という、とんでもないオマケ付き。間もなくして、オスカー像は彼女の元に戻ったのでご安心を。。。

斬新な映像と構成で私たちをビックリさせた『ダンケルク』は、地味に編集賞・録音賞・音響編集賞の3部門で受賞。これも納得ですな。そして、もう一つ、『ナチュラル・ウーマン』が外国語映画賞をゲット。これはLBGT運動への配慮かと。

総じて言えば、それぞれの作品の特性を反映し各部門バランスよく行き渡っており、アカデミー会員の良識が保たれたと言っても良いでしょう。しかし、やっぱり、それにしても、『シェイプ・オブ・ウォーター』かねえ…、とぼやいております。


因みに、作品賞ノミネート9作品のうち授賞式前に日本公開となっているのが『ダンケルク』『ゲットアウト』『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』の4作品。これも昨年よりはウンとマシでした。今月末から残りの5作品が順次公開される予定なので、楽しみです。


以下、主な受賞結果です。


【作品賞】
★「シェイプ・オブ・ウォーター」
 「君の名前で僕を呼んで」
 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
 「ダンケルク」
 「ゲット・アウト」
 「レディ・バード」
 「ファントム・スレッド」
 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
 「スリー・ビルボード」

【主演女優賞】
★フランシス・マクドーマンド  「スリー・ビルボード」
 サリー・ホーキンス  「シェイプ・オブ・ウォーター」
 マーゴット・ロビー  「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
 シアーシャ・ローナン  「レディ・バード」
 メリル・ストリープ  「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

【主演男優賞】
★ゲイリー・オールドマン  「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
 ティモテ・シャラメ  「君の名前で僕を呼んで」
 ダニエル・デイ=ルイス  「ファントム・スレッド」
 ダニエル・カルーヤ  「ゲット・アウト」
 デンゼル・ワシントン  「Roman J Israel, Esq」

【助演女優賞】
★アリソン・ジャネイ  「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
 メアリー・J・ブライジ  「マッドバウンド 哀しき友情」
 レスリー・マンヴィル  「ファントム・スレッド」
 ローリー・メトカーフ  「レディ・バード」
 オクタヴィア・スペンサー  「シェイプ・オブ・ウォーター」

【助演男優賞】
★サム・ロックウェル  「スリー・ビルボード」
 ウィレム・デフォー  「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」
 ウディ・ハレルソン  「スリー・ビルボード」
 リチャード・ジェンキンス  「シェイプ・オブ・ウォーター」
 クリストファー・プラマー  「ゲティ家の身代金」

【監督賞】
★ギレルモ・デル・トロ  「シェイプ・オブ・ウォーター」
 クリストファー・ノーラン  「ダンケルク」
 ジョーダン・ピール  「ゲット・アウト」
 グレタ・ガーウィグ  「レディ・バード」
 ポール・トーマス・アンダーソン  「ファントム・スレッド」
スポンサーサイト
  •   05, 2018 22:39
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment