THE KILLING OF A SACRED DEER…聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア…

鹿殺し
監督:ヨルゴス・ランティモス
キャスト:
コリン・ファレル スティーブン
ニコール・キッドマン アナ
バリー・キオガン マーティン
ラフィー・キャシディ キム
サニー・スリッチ ボブ
アリシア・シルヴァーストーン マーティンの母
ビル・キャンプ マシュー




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「籠の中の乙女」「ロブスター」のギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス監督が、「ロブスター」に続いてコリン・ファレルを主演に迎えて贈る不条理スリラー。心臓外科医の男が、亡くなった元患者の息子と親しくしていくうちに、自分の子どもたちに不可解な異変が起きるさまをミステリアスかつ不穏な筆致で描き出す。共演はニコール・キッドマン、バリー・キオガン。
 美しい妻と2人の子どもと郊外の豪邸で満ち足りた生活を送る心臓外科医のスティーブン。彼には家族に内緒で定期的に会って、その成長を優しく見守る少年が一人いた。それはかつて彼が担当した手術で死なせてしまった患者の息子マーティン。ある日、そんな彼をスティーブンは家に招いて家族に紹介する。ところがこれを境に、スティーブンの子どもたちに説明不能な異変が起き始めるのだったが…。




シニカルな寓話『ロブスター』で現代社会の空疎な人間関係を描き、観る者を驚愕させたランティモス監督。今度は、なんとも不気味で恐ろしい生贄探しの物語を創り上げています。
聞くところによれば、ギリシャ悲劇の一つ"アウリスのイピゲネイア"を基にしているとのこと。はてさてこのギリシャ悲劇は何ぞやと言えば、女神様の逆鱗に触れた将軍が占い師の言葉に従い、その怒りを鎮めるために我が娘を生贄に仕立てるというお話だそうです。

チョイとネタバレになりますが、この将軍に当たるのが心臓外科医スティーブン、怒りに震える女神様と生贄を指示する占い師の両者を象徴するのが元患者の息子マーティンという事になります。そして一見単純とも見える復讐劇の裏には、物質的に満たされた外科医一家に漂う無機質な人間性が根源的な悪として描かれており、そこに天誅を下すのがマーティン。彼の所業は非現実的でおよそ理解しがたい現象が起きるのですが、バリー・キオガンの超ド級の怪演がこの少年を神の如くの存在に高めています。

全体の利益の為に一人の犠牲を強いられる主人公スティーブンが、家族と共に最後に下す不条理な結論。この家族は、これさえも合理的な判断として消化したのだろうか?そんな疑問の残るラストシーンでした。



スポンサーサイト
  •   20, 2018 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment