THE COMMUTER…トレイン・ミッション…

トレイン
監督:ジャウマ・コレット=セラ
キャスト:
リーアム・ニーソン マイケル・マコーリー
ヴェラ・ファーミガ ジョアンナ
パトリック・ウィルソン マーフィー
ジョナサン・バンクス ウォルト
エリザベス・マクガヴァン カレン・マコーリー
フローレンス・ピュー グウェン
サム・ニール ホーソーン警部
 




(allcinema映画データベース)
 リーアム・ニーソンが「フライト・ゲーム」のジャウマ・コレット=セラ監督との4度目のタッグで贈るノンストップ・サスペンス・アクション。通い慣れた通勤電車の中で思いも寄らぬ陰謀に巻き込まれた男が、家族の命を守るために強制的に危険なミッションに挑む姿をスリリングに描く。共演はヴェラ・ファーミガ、エリザベス・マクガヴァン、パトリック・ウィルソン、サム・ニール。
 10年間も勤めてきた保険会社を突然リストラされた元警官のマイケル・マコーリー。いつもの通勤電車で帰路についた彼だったが、住宅ローンと息子の学費が大きな不安となって重くのしかかる。そんな彼の前に見知らぬ女が現われ、乗客の中からある人物を捜し出せたら10万ドルを与えるという奇妙なゲームを持ちかける。ヒントは、馴染みの乗客ではなく、終着駅で降りる人物、そして通称はプリンという3つ。警戒しながらも高額な報酬に抗えずとりあえず捜し始めたマイケルだったが、すぐに容易でないと気づく。しかしその時にはすでに相手の罠にハマり、妻子までをも人質に取られて後戻りできないところまで追い詰められてしまうマイケルだったが…。






日本人は貯蓄好きで個人資産の保有状況も投資より先ずは貯金という傾向が強い。一方アメリカ人は、手持ち資産の大半を投資に回して、現金や貯蓄額は少ないと言われている。それでもまだ、投資に回す資金があればマシな方で、消費に熱心で手元資金に余裕の無い場合も多い。夫婦共働きで、ソコソコの世帯収入があっても、住宅ローンや子供の教育費で支出が嵩み収支は常に一杯一杯って事も珍しくない。どちらかの収入が途絶えれば、あっという間に家計は破綻、あな恐ろしや。。。

本作の主人公マイケルは正にそんな窮地に追い込まれた中産階級のサラリーマンで、その彼が、よせば良いのに、報酬欲しさに卑劣な謀略に巻き込まれる顛末が、閉ざされた通勤コミューターの中で描かれていく。
もちろん、物語のメインストリームはこの危険なミッションの謎解きなのだけれど、実は、主人公が手付けの現金を手にした瞬間が、既に物語の大きなクライマックスとなっている。それは、道徳心が押し流されエゴイズムが発露する瞬間でもあり、大きな落胆とともにゲームがスタートする。。。


平穏な家庭生活とルーティン化した通勤風景を描いた序盤の小粋な映像が秀逸。主人公のありふれた日常が小気味好く示され、共感を呼ぶにちがいない。


スポンサーサイト
  •   08, 2018 20:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment