FC2ブログ

THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK…さよなら、僕のマンハッタン…

マンハッタン
監督:マーク・ウェブ
キャスト:
カラム・ターナー トーマス・ウェブ
ケイト・ベッキンセイル ジョハンナ
ピアース・ブロスナン イーサン・ウェブ
シンシア・ニクソン ジュディス・ウェブ
カーシー・クレモンズ ミミ・パストーリ
ジェフ・ブリッジス W.F.ジェラルド





(allcinem映画データベースよりコピペ)
「(500)日のサマー」「gifted/ギフテッド」のマーク・ウェブ監督がサイモン&ガーファンクルやボブ・ディランらの名曲をバックに、ニューヨークの悩める青年の大人への通過儀礼をほろ苦いタッチで描いた青春ストーリー。主演は「グリーンルーム」「アサシン クリード」のカラム・ターナー。共演にケイト・ベッキンセイル、ピアース・ブロスナン、カーシー・クレモンズ、ジェフ・ブリッジス。
 ニューヨークに暮らす青年トーマス。大学卒業を機に親元を離れひとり暮らしを始めた彼は、初老の風変わりな隣人WFと出会い、いつの間にか人生の悩みを相談するように。そんなある日、想いを寄せるる古書店員のミミと入ったナイトクラブで父の浮気現場を目撃する。母のことが心配なトーマスは、浮気相手の女性ジョハンナを尾行するようになるのだったが…。





大人になるというのは、親を客観視し冷静に評価できるようになる事なのかもしれません。言い換えれば、親を理解し乗り越えるという事でしょうか。しかし、判ったつもりで良い気になっていても、時として彼らは思いもよらない秘密を抱えていて、それが期せずして明かされた時、子供は親の懐の深さに改めて打ちのめされるのです。自分の親は型通りで一辺倒で、いかにも薄っぺらな人生を歩んいるように見えますが、決して彼らの人間性を軽んじてはなりませぬ、なりませぬ。


本作品は正にそんな若者の成長記録です。彼の両親の抱える秘密は余りに衝撃的で、見ている誰しもが間違いなくビックリ仰天するに違いありません。余りに芝居がかっていて、そんな馬鹿な…あり得ん…、と呟きたくなるのですが、それでいて超ロマンチックでチャーミングなお話なので何故か受け入れたくなる、そんな如何にもニューヨークっぽい小洒落た作品でした。

プチブルなニューヨーカーをお洒落な俳優さん達が演じています。ジェームズ・ボンドの鉄板イメージを上手く拭い去ったピアース・ブロスナンに、SATCでお馴染み、ニューヨーク州知事選に名乗りを上げているシンシア・ニクソン然り。中でもストーリーの要となるジェフ・ブリッジスが、良いですね。私もこんな隣人に巡り合いたいwa。。。
スポンサーサイト
  •   21, 2018 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment