FC2ブログ

AVENGERS: INFINITY WAR…アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー…

アベンジャーズ
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
キャスト:
ロバート・ダウニー・Jr トニー・スターク/アイアンマン
クリス・ヘムズワース ソー
マーク・ラファロ ブルース・バナー/ハルク
クリス・エヴァンス スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
スカーレット・ヨハンソン ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ
ドン・チードル ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン
ベネディクト・カンバーバッチ スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ
トム・ホランド ピーター・パーカー/スパイダーマン
チャドウィック・ボーズマン ティ・チャラ/ブラックパンサー
ゾーイ・サルダナ ガモーラ
カレン・ギラン ネビュラ
トム・ヒドルストン ロキ
ポール・ベタニー ヴィジョン
エリザベス・オルセン スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ
アンソニー・マッキー ファルコン/サム・ウィルソン
セバスチャン・スタン ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ
イドリス・エルバ
ダナイ・グリラ オコエ
ピーター・ディンクレイジ
ベネディクト・ウォン ウォン
ポム・クレメンティエフ マンティス
デイヴ・バウティスタ ドラックス
グウィネス・パルトロー ペッパー・ポッツ
ベニチオ・デル・トロ
ジョシュ・ブローリン サノス
クリス・プラット ピーター・クイル/スター・ロード
声の出演:
ヴィン・ディーゼル グルート
ブラッドリー・クーパー ロケット





(allcinema映画データベースよりコピペ)
アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”の活躍を描く空前のメガヒット・アクション超大作の第3弾。6つすべて揃うと全宇宙を滅ぼすほどのパワーを秘めた石“インフィニティ・ストーン”を狙う最凶にして最悪の敵サノスの野望を阻止すべく、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々も加えたアベンジャーズが繰り広げる壮絶な戦いの行方を壮大なスケールで描き出す。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ホランド、チャドウィック・ボーズマン、クリス・プラットらに加え、サノス役でジョシュ・ブローリン。監督は「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。
 宇宙誕生とともに出現し、それぞれに異なる強大な力を秘めた6つの石“インフィニティ・ストーン”。すべてが揃うと、指を鳴らしただけで全宇宙の半分の生命を滅ぼすほどの恐るべきパワーを手にするという。そんな中、地球を目指していたソーとアスガルドの民を乗せた宇宙船が何者かの襲撃を受けてしまう。それは圧倒的なパワーで全宇宙に恐れられる悪の支配者サノスの仕業だった。彼は自らの野望を実現させるべく、すべてのインフィニティ・ストーンの収集に乗り出していた。その頃地球では、かつてない危機の到来を知ったドクター・ストレンジが、アベンジャーズの力を結集すべくリーダー、トニー・スタークのもとへと駆けつけるのだったが…。






そもそも、マーベル・コミックを読んだ事のない私がアベンジャーズの面々を知ったのは、10年前の映画作品『アイアンマン』での事。元々SF好きだった事もあって、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマチックな展開と制作会社マーベル・スタジオの戦略にドップリ嵌り、以降全てのシリーズ作品をオンタイムで劇場鑑賞してまいりました。
その10年の歴史をざっと振り返れば…、

フェイズ1
『アイアンマン』(2008年公開)
『インクレディブル・ハルク』(2008年公開)
『アイアンマン2』(2010年公開)
『マイティ・ソー』(2011年公開)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年公開)
『アベンジャーズ』(2012年公開)

フェイズ2
『アイアンマン3』(2013年公開)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年公開)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年公開)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)
『アントマン』(2015年公開)

フェイズ3
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
『ドクター・ストレンジ』(2016年公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』(2017年公開)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年公開)
『ブラックパンサー』(2018年公開)

というわけで、なるほど今作『インフィニティー・ウォー』までに18作品も観たのね…と我ながら感心し、そして今作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』について、ある種憂愁にも似た深い感慨に耽るのでありました。

作品としては、史上最強の敵サノスの登場にマーベル・コミックのスーパーヒーローが結集し総力を挙げて立ち向かうという内容で、謂わばオール・スター・キャストによるアベンジャーズ祭りの様相。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』という異質のキャラを生かしつつ様々なエピソードをちりばめ、ヒーローたちの活躍をバランス良く描いているのですが、結局はすべてのエピソードがサノス中心に配され、そしてヒーローたちが戦いを重ねるたびにストーリーとしてはサノスの内面を深く掘り下げていくことになるので、いやあ、要するに本作はサノスの物語なんだ!と途中で気付きました。しかも、なんと、サノスは最後まで倒されない!‼︎

はい…、誰しもがこのヒーロー軍団の勝利を信じて疑わなかったにもかかわらず、アベンジャーズは勝利せず、サノスは倒されないのです。ラストを迎えほとんどの観客は声にならない声を発し、息を呑んだに違いありません。そう、お話はフェーズを替えて続くのです。
要するに本作は新フェーズへの助走で、お決まりのエンドロール後のボーナス映像に次作へのヒントが登場します。その名は『キャプテン・マーベル』、新しいヒロインにバトンタッチされるストーリーは、1年後公開予定の『アベンジャーズ4』にどう昇華するのか、今から楽しみです。








スポンサーサイト
  •   28, 2018 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment