FC2ブログ

TESTROL ES LELEKROL / ON BODY AND SOUL…心と体と…

心と
監督:イルディコー・エニェディ
キャスト:
アレクサンドラ・ボルベーイ マーリア
ゲーザ・モルチャーニ エンドレ
レーカ・テンキ クラーラ
エルヴィン・ナジ シャーンドル



(allcinema映画データベースよりコピペ)
ベルリン国際映画祭金熊賞、アカデミー外国語映画賞ノミネートなど数々の映画賞を賑わせたハンガリー映画。共に障害を抱えた孤独な男女が、鹿の夢を見るという共通点をきっかけに距離を縮め、徐々に心を通わせていく不器用な恋の行方を温かな眼差しで見つめる。主演は本作の演技でヨーロッパ映画賞主演女優賞に輝き一躍ハンガリー期待の若手となったアレクサンドラ・ボルベーイと演技初挑戦のゲーザ・モルチャーニ。監督は「私の20世紀」のイルディコー・エニェディ。
 ハンガリーのブダペスト。郊外の食肉処理場で代理職員として働く若い女性マーリア。コミュニケーションが苦手なために職場になじめず、孤独な日々を送っていた。その上司エンドレは、片手が不自由で人生を諦めた中年男。孤立するマーリアを気に掛けてはいたが、不器用な2人の間には終始気まずい空気が漂うばかり。そんなある日、社内で盗難事件が発生し、全従業員が精神分析医のカウンセリングを受けることに。するとマーリアとエンドレが同じ鹿の夢を見ていることが分かり、2人はこの奇妙な偶然をきっかけに急接近するのだったが…。






夢は深層心理を表すといわれ、深層心理学の第一人者ユングによれば、深層心理とは「意識のコントロールや認識を超えたもの」とされている。要するに自分自身にも気付けないもので、それを夢の中で突きつけられるというのは或る意味恐ろしい事でもある。私なんぞ結構突飛な夢を見るので、その度に疑念が渦巻いてひどく草臥れる。例えば巨大怪獣に追いかけられるとか、身体を刃物で切り刻まれるとか…、いったいどういう深層心理が自分の心の奥底に眠っているのかと些か不安にもなる。


本作『心と体と』では、盗難事件の犯人を炙り出すために行われたカウンセリングが、思いがけない形で恋愛を導き出します。奇妙な連帯感を感じ持つ事となった男女の夢に現れる二匹の鹿は、雪に覆われた大自然の中に佇み、とにかく美しい。それは其々に心や身体に障害がある主人公達の描く理想の姿なのかもしれません。理想の姿に自らを重ね合わせる事でようやく心も身体も解放できる。不器用だけれども、実に切ない恋愛を描いた作品でした。

ヒロインを演じたアレクサンドラ・ボルベーイの感情を抑えた無機質な演技が秀逸。白く硬質な肌の下に隠れていた感情が次第に解きほぐされ、やがて豊かな表情となって現れる。とても素敵な女優さんです。
スポンサーサイト
  •   01, 2018 18:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment