FC2ブログ

MOLLY’S GAME…モリーズ・ゲーム…

モリーズ
監督:アーロン・ソーキン
キャスト:
ジェシカ・チャステイン モリー・ブルーム
イドリス・エルバ チャーリー・ジャフィー
ケヴィン・コスナー モリーの父
マイケル・セラ プレイヤーX
ジェレミー・ストロング ディーン
クリス・オダウド ダグラス
ビル・キャンプ ハーラン
サマンサ・イズラー
パイパー・ハウエル
ブライアン・ダーシー・ジェームズ
J・C・マッケンジー
グレアム・グリーン
マシュー・マッテオ
ジョー・キーリー
ナタリー・クリル
クレア・ランキン
アンジェラ・ゴッツ
ジョン・バス
 



(allcinema映画データベースよりコピペ)
オリンピック候補のトップアスリートから一転、わずか26歳でセレブ相手の高額闇ポーカーの経営者となるも、ついにはFBIに逮捕されてすべてを失った女性モリー・ブルームの驚きの実話を、「ソーシャル・ネットワーク」「スティーブ・ジョブズ」などで知られる気鋭脚本家アーロン・ソーキンが自ら初監督も務めて映画化した実録クライム・ドラマ。主演は「ゼロ・ダーク・サーティ」「女神の見えざる手」のジェシカ・チャステイン、共演にイドリス・エルバ、マイケル・セラ、ケヴィン・コスナー、クリス・オダウド。
 女子モーグルのトップ選手として活躍していたモリー・ブルームは、五輪目前の大事な国内予選で転倒して重傷を負い、五輪どころか選手生命も絶たれてしまう。その後、LAで1年間の休暇をとることにしたモリーは、ひょんな成り行きからハリウッド・セレブやビジネス界の大物たちが高額を賭けて遊ぶ非合法のポーカー・ゲームでアシスタントをするようになる。そこで違法賭博のイロハを学んだモリーは、数年後には自ら地下カジノの運営に乗り出し、たちまち成功を収めるのだったが…。





偶然にも、女性アスリートの伝記ドラマが続きます。
こちらも犯罪がらみの実話ですが、その背景は全くの別物。インテリの父親に抑圧された過去を持つ聡明な女性の、プライドをかけた戦いの物語です。

選手生命を絶たれたヒロインが、ハーバードのロースクールへの入学を先送りしてまで得たかった物とは、何だったのか。そして、逮捕の危機に見舞われながらも顧客の秘密を守る事に徹した彼女の矜持とは何だったのか。物語の肝はこの二つにあります。
前者は、ゲーム運営者として男性社会を牛耳る支配力を欲したから。そして後者は、それが支配力を得た者にとって守るべき必須の仁義だったからに違いありません。そのいずれもが、高い知性と教養があるからこそ到達できる境地であり、ヒロイン自身も自覚する事のなかった、心理学者の父親による心の呪縛から逃れるために、絶対不可欠な物でもあったのです。


薄幸の表情を宿したジェシカ・チャスティンが、知性を前面に押し出してヒロインのモリー・ブルームを熱演してます。彼女はこういう役がよく似合う。危機に直面するたびに、まるでキリキリと神経をすり減らす音が聞こえて来そうです。


スポンサーサイト
  •   12, 2018 23:10
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment