FC2ブログ

THE FLORIDA PROJECT…フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法…

フロリダ
監督:ショーン・ベイカー
キャスト:
ウィレム・デフォー ボビー
ブルックリン・キンバリー・プリンス ムーニー
ブリア・ヴィネイト ヘイリー
ヴァレリア・コット ジャンシー
クリストファー・リヴェラ スクーティ
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ ジャック




(allcinema映画データベースよりコピペ)
前作「タンジェリン」で注目を集めたショーン・ベイカー監督がフロリダの安モーテルを舞台に、社会の底辺で生きる母娘の厳しくも愛おしい日々を優しく見つめた感動ドラマ。やんちゃな6歳の女の子が、過酷な現実の中でも周囲の大人たちに守られて伸び伸びと暮らしていく姿を、次第に浮かび上がるアメリカ社会の矛盾とともにカラフルな映像美で描き出していく。主演は天才子役と高い評価を受けたブルックリン・キンバリー・プリンスと演技初挑戦のブリア・ヴィネイト。共演に本作の演技でアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされたウィレム・デフォー。
 “夢の国”ディズニー・ワールドのすぐ隣にある安モーテルに流れ着いたその日暮らしのシングルマザー、ヘイリーと6歳の娘ムーニー。無職のヘイリーが滞在費の工面に頭を悩ませる一方、ムーニーは同じモーテルに暮らす子どもたちと一緒に、周囲の迷惑も顧みずにイタズラし放題の冒険に満ちたキラキラの毎日を送っていた。管理人のボビーは、そんなムーニーたちのやんちゃぶりに手を焼きながらも、優しく見守っていくのだったが…。




社会の底辺で生き抜こうともがく母親と悪戯好きでやんちゃな女の子の日常を、子供の視線を通して瑞々しく描き出したヒューマンドラマです。確かに素行の悪い母親だけれど、子供にとっては唯一無二の存在であり、母親の身辺に漂う何かしら不穏な空気を感じ取りながらも、夏休みのひと時をモーテルの友達と闊歩しはしゃぎ回る。彼女にとって此処は正に楽園、真夏の魔法の成せる技を享受し、甘味な夢が永遠に続く事を願うのみ。

そんな主人公の女の子に成りきった子役のブルックリン・キンバリー・プリンスの演技は、確かに賞賛に値するものではあるのですが、お話は頂けない。とにかく若い母親の無教養と無自覚には耐え難いものがあり、また子供達の際限の無い悪ガキ振りにも些か辟易。 薄情な奴と批判されるのを覚悟し敢えて言わせてもらいます。彼らの最悪の日常を延々と見せられて、ついには私、怒りさえ覚えました。そして、福祉という名の無慈悲な圧力がもたらす夢の終焉に、正直ホッと胸をなでおろしたのです。

おそらくこの作品は、根源的な貧困を解消する事のできない社会の無力さを描きたかったのでしょう。管理人役のウィリアム・デフォーが醸し出す"優しさ"と"やるせなさ"がこの無力さを代弁し、観る者に強く訴えかけます。言いたい事は充分に理解できます。しかし、この親子の無教養ぶりを塗り重ねる事の意味を結局私は見出せませんでした。ヤレヤレ。。。












スポンサーサイト
  •   18, 2018 15:52
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment