FC2ブログ

LAST FLAG FLYING…30年後の同窓会…

30年
監督:リチャード・リンクレイター 
キャスト:
スティーヴ・カレル ラリー・“ドク”・シェパード
ブライアン・クランストン サル・ニーロン
ローレンス・フィッシュバーン リチャード・ミューラー牧師
J・クィントン・ジョンソン ワシントン
ユル・ヴァスケス
シシリー・タイソン





(allcinema映画データベースよりコピペ)
名作「さらば冬のかもめ」の原作者ダリル・ポニックサンが2005年に発表した小説を「恋人までの距離(ディスタンス)」「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督が映画化した感動のロード・ムービー。イラク戦争で息子を失った仲間のために30年ぶりに再会したベトナム戦争の戦友3人が、遺体を連れ帰る旅の中で悪友時代の固い絆を取り戻し、喪失の悲しみを乗り越えていく姿を、ペーソスとユーモアを織り交ぜ描き出す。主演はスティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン。
 ベトナム戦争を経験した元軍人のドクは、1年前に妻に先立たれた上、2日前には一人息子をイラク戦争で亡くしてしまう。悲しみに暮れる彼が頼ったのはベトナム戦争を共に戦った旧友サルとミューラーだった。バーを営むサルと牧師となったミューラーは、30年間音信不通だったドクの突然の訪問に戸惑いつつも、彼の頼みを聞き入れ、息子の軍葬に立ち会うべく3人で旅に出るのだったが…。






邦題タイトルと作品内容との乖離はよくある事で、今回も正しくそれ。何が『30年目の同窓会』だあ?嘗ての戦友、修羅場をくぐった者同士、しかも脛に共通の傷持つ旧友の再会を、軽~く"同窓会"と銘打つセンスに違和感を覚える。
確かに、彼らは過去の苦々しい思い出を傍に追いやり、和気あいあいと旅を続けるのだけれど、この再会には、若き日のエネルギーのほとばしりと過去への悔恨、そして現在の鬱屈とが入り混じり、単純に喜ばしい物ではあり得ない。物語の根底には、形式と体裁を保つ事で成り立つ軍隊への疑念と、戦争の是非を問う深い眼差しがあって、私たちに人間の尊厳とは何かを語りかける。


リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』シリーズが大好きで、主人公カップルが延々と語り合う姿にウットリしちゃう私ですが、この作品もまた、旧友たちがケンケンガクガク言葉を投げ合う様子に惚れ惚れします。実はスティーブ・カレル演じる主人公ドクは余り喋らず、静かに佇み深いため息をつく場面が多いのです。コメディで一躍有名になった彼もいつの間にか演技派へ変身しましたね。そして、芸達者なブライアン・クラストンが本領発揮。ローレンス・フィッシュバーンも合わせて、キャストの演技力の光る作品でした。
スポンサーサイト
  •   13, 2018 14:50
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment