FC2ブログ

FINDING YOUR FEET…輝ける人生…

人生
監督:リチャード・ロンクレイン
キャスト:
イメルダ・スタウントン サンドラ
ティモシー・スポール チャーリー
セリア・イムリー ビフ
デヴィッド・ヘイマン
ジョン・セッションズ
ジョアンナ・ラムレイ





(allcinema映画データベースよりコピペ)
長年、内助の功で支えてきた夫に裏切られたベテラン専業主婦が、ひょんなことから足を踏み入れたダンス教室で、忘れていた情熱を取り戻し、自分の人生を謳歌していく姿を、英国を代表する名優たちの共演で描いた人生讃歌。主演は「ヴェラ・ドレイク」「パレードへようこそ」のイメルダ・スタウントン、共演にティモシー・スポール、セリア・イムリー。監督は「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」のリチャード・ロンクレイン。
 35年間連れ添ってきた夫が定年退職を迎え、晴れてナイトの称号を授与され、自らも“レディ”となり鼻高々のサンドラ。ところが、その夫がサンドラの親友と浮気していたことが発覚してしまう。ショックと怒りで家を飛び出し、疎遠だった姉ビフが住むロンドンの団地に転がり込む。ビフはサンドラとは対照的に結婚もせず、お金や名誉とも無縁の自由気ままな人生を送っていた。そんなビフに無理やりシニアが集うダンス教室へ連れて行かれたサンドラ。最初は戸惑っていた彼女も、かつてダンサーを目指した若き日の情熱を取り戻していく。そんなダンスを通じて、ビフの親友のチャーリーとも打ち解けていくサンドラだったが…。





主役のイメルダ・スタントンは、労働者階級の主婦といった庶民の風情を醸し出す女優さんで、夫に仕え子供に愛情を注ぐ慎ましい役柄を演じたら天下一品。代表作『ヴェラ・ドレイク』なんぞ正にハマリ役でした。そんな彼女が、本作ではエレガントな装いでエリート警察官の妻に扮し、夫の出世に自身のプライドを増幅させるという、ちょっと面倒くさい女性を演じています。
かたや一方、姉役のセリア・イムリーは、自己主張の強い自立したキャラがお得意。高齢者が集うイギリス映画では、腹に一物持つ自由闊達な女性を演じる事が多いのですが、今回もその期待通り、古い価値観に縛られる事無く実に軽やかに生きる高齢者を嬉々として体現しています。
そこに絡むのがティモシー・スポール。これまた孤高、偏屈の言葉がピッタリ似合う御仁ですが、今回は愛情深く穏やかな男性を粛々と演じておられます。

こんな芸達者が揃い描かれるのは、それまで纏ってきた様々な"しがらみ"を一つ一つ脱ぎ捨て、本来の自分らしさを取り戻す高齢者達の群像です。それは、人生にひと段落をつけた者だけが辿り着ける境地であり、夢と希望に溢れた青年時代に想いを馳せながら残された人生をより良く生きたいという願いが込められています。
ま、既視感のある他愛ないエピソードの羅列ではありますが、ある程度年齢を重ねた者にとっては思い当たる節の多い作品でした。主人公サンドラが夫に向かって『貴方は私を5年間騙してきたけれど、私は35年間自分を欺いてきたのよ!』と言い捨てる啖呵が、この作品の全てを語っています。

ヤレヤレ、今からでも遅くはないのか。。。

スポンサーサイト
  •   31, 2018 19:54
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment