FC2ブログ

SKYSCRAPER…スカイスクレイパー…


監督:ローソン・マーシャル・サーバー
キャスト:
ドウェイン・ジョンソン
ネーヴ・キャンベル
チン・ハン
ノア・テイラー
ローランド・ムーラー
バイロン・マン
パブロ・シュレイバー
ハンナ・クィンリヴァン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
ドウェイン・ジョンソン主演のアクション・アドベンチャー。武装グループの襲撃を受け火災が発生した香港の超高層ハイテクビルを舞台に、人質にとられた家族を救出するためにたった一人で立ち向かう主人公の決死の戦いを描く。共演はネーヴ・キャンベル、ノア・テイラー。監督は「なんちゃって家族」「セントラル・インテリジェンス」のローソン・マーシャル・サーバー。
 香港に新しく建設された240階建ての世界最大のビル“ザ・パール”。元FBI人質救出部隊のリーダー、ウィル。ある事件で片足を負傷し義足となった今は、退職してセキュリティ・コンサルタントをしていた。ある日、ザ・パールのオーナーから依頼を受け、同ビルのセキュリティ・システムの調査をすることに。こうして妻と2人の子どもを連れてザ・パールへとやって来たウィル。ところがそこへ、突如謎の武装集団が現われ爆弾テロを決行、ビルの中層階はたちまち炎に包まれる。逃げ場を失い上層階に取り残されてしまった家族を救出すべく、ザ・パールへと駆けつけるウィルだったが…。





本作の主演ドゥエイン・ジョンソンを初めてスクリーンで見たのは、確か『スコーピオン・キングというキャラクターを演じていた『ハムナプトラ2』での事。当時彼は“、“ザ・ロック”というリングネームで大活躍していたプロレスラーで、その鋼鉄の様な躯体と整った顔立ちが印象的でした。その後レスラーと兼業しつつも主役を張る俳優になったのも、その際立った個性ならではです。

さて本作。ザックリ言えば、火災パニック映画の古典『タワーリング・インフェルノ』に、主人公が孤軍奮闘する『ダイ・ハード』を合わせたアクションムービーでした。
今回のドゥエイン・ジョンソンは片足義足というハンデを負っているのですが、それでもやっぱり彼は超人。その身体張ったアクションには圧倒的な説得力があります。そして、ハイテクビルの危機管理を請け負ったコンサルタントという設定が知性を匂わせ、ハンデがありながらも業火に見舞われるビルに独り挑むミッションにサイエンスの要素を盛り込んでいます。家族を救う為に、知力体力全てを投げ打つ理想のアメリカンダディが主役のワンマンストーリーを単純に楽しみましょう。


実は私、ソコソコのタワマンに居住しているのですが軽度の高所恐怖症があるので、自宅のバルコニーから階下を見下ろすのはチト苦手。そんな私にはチョッと刺激の強い作品でした。あはは、途中、気分が悪くなったのよ。。。



スポンサーサイト
  •   26, 2018 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment