FC2ブログ

CRAZY RICH ASIANS…クレイジー・リッチ!…


監督:ジョン・M・チュウ
キャスト:
コンスタンス・ウー レイチェル・チュウ
ヘンリー・ゴールディング ニック・ヤン
ミシェル・ヨー エレノア・ヤン
アウクワフィナ ペク・リン
ケン・チョン
ソノヤ・ミズノ
ジミー・O・ヤン
ジェンマ・チャン
リサ・ルー
ニコ・サントス
ジン・ルージ
フィオナ・シェー





(allcinema映画データベースよりコピペ)
ケヴィン・クワンの世界的ベストセラー『クレイジー・リッチ・アジアンズ』を、主要キャスト全員アジア系俳優というハリウッド映画としては異例のキャスティングで映画化し、全米でサプライズ大ヒットを記録したロマンティック・ストーリー。里帰りする恋人についてシンガポールへとやって来たニューヨーカーのヒロインが、相手の実家がとんでもない大富豪だったことから、様々なトラブルや試練に見舞われる悪戦苦闘の行方を描く。主演はコンスタンス・ウー、共演にヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ヨー、アウクワフィナ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のジョン・M・チュウ。
 中国系アメリカ人で生粋のニューヨーカー、レイチェルは、恋人ニックが親友の結婚式に出席することになり、一緒に彼の故郷シンガポールへと向かう。これまで家族の話を避けていたニックだけに、それなりの心構えをしていたレイチェルだったが、ニックはそんな彼女の予想とは真逆のアジア屈指の不動産王の御曹司だった。こうしていきなりセレブの世界へ足を踏み入れることになったレイチェル。しかしそこには、激しい嫉妬に燃える独身セレブ女子たちや、財産目当てと決めつけるニックの母親が、2人の仲を引き裂こうと待ち構えていた。





ホワイトウォッシュ(主役を白人に差し替える事)を断固として拒否し、ほぼアジア系キャストで占められる作品ながらも全米で大ヒットしている、話題のハリウッド映画『クレイジー・リッチ』です。

一時期大流行りしたハーレクインロマンスもビツクリのシンデレラストーリーを描く王道ラブコメは、小難しい事抜きにして半端く面白い!
先ずは、シンガポールに実在するスーパー富裕層のクレイジーなリッチぶりが描かれていて、我々庶民がそのお相伴に預かれる点。そして、伝統と家柄を誇る名家には世代に渡り暗黙の掟が脈々と息づいていて、ヒロインもまた鉄板の嫁イビリの餌食になる点。リッチな御曹司は1点の翳りの無い完璧な人物像として描かれる点。そして、伝統的中華思想にリベラルなアメリカ思想が果敢に挑み、堂々とバッティングする点。
などなど、定番、定石のエピソードが盛りだくさんに散りばめられ、そして物語は我々の期待通りに展開、遂には見事ヒロインの勝利へとソフトランディングします。このダイナミクスが実に痛快で、善と悪との対決ではない、異なる文化と文化の鬩ぎ合いが実に鮮やかに描かれているのです。ちょっと出来過ぎで既視感もありますが、ラブコメとは元来そうゆうモノですから、エンタメとして問題無いでしょう。


白人でもない黒人でもない、アジア人の底力のようなものを感じさせるエネルギッシュな作品でした。黄色なら、美しい黄色を描こうという監督の覚悟が潔いです。



スポンサーサイト
  •   29, 2018 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment