EAT PRAY LOVE…食べて祈って恋をして…



世界的ベストセラーとなった、エリザベス・ギルバートの自伝的小説が原作(未読です)の『食べて、祈って、恋をして』。

ニューヨークでライターとして活躍中のリズが、仕事も結婚も恋愛もすべてリセットして“自分探しの旅”に出る。イタリアで食べて、インドで祈って(瞑想して)、バリ島で新しい恋をして…、なんとも浮世離れした贅沢なお話。
幸福な生活を送っているのに、心はなぜか満たされない…なんて感じる事は世の常で、一般人はそんな違和感と日々折り合いながら生活している。もっと別の人生があるはずだョってイチイチ旅に出ていたら、生活が成り立たない。ひょっとして原作小説は違うのかもしれないけれど、私には?????の映画だった。

この映画が賛否両論に分かれるのには、いかにも納得。自己実現ととらえるか現実逃避と考えるかは、(ジュリア・ロバーツは劣化したのか円熟したのかも同時に)観る人それぞれが判断しましょう。


鑑賞後、イタリア料理、特にパスタとナポリピッツァが猛烈に食べたくなる。これだけは間違いなし!
スポンサーサイト
  •   23, 2010 00:16
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment