本日のお題…10/12英語…

 
まだまだ、David and The Phoenix 。



ついに、財宝を掘り当てたデイヴィッドは、宝の山の中で転げ周り叫んだ。フェニックスも嬉しさのあまりつぶやいたが、シーモンスターだけが注意深く周りを見回している。

デイヴィッドとフェニックスは必要な金貨4枚だけを選び出し、残りの財宝は皆でまた砂の中に埋め戻した。シーモンスターに丁寧にお礼を言うと、シーモンスターは照れて全身を赤く染め、そして海の中へ消えていった。



《と、ここまで読んだらランディせんせ、なぜか?7・8・9章をすっ飛ばし、いきなり最終第10章へスキ~~っプ!》



前章で、牧神の魔法にかかって白昼夢を見ていたデイヴィッド。すんでのところでフェニックス助けられ彼の住処の岩場へ戻ってきた。
話をするうちに、どうやらフェニックスは自分の500回目の誕生日にプレゼントが欲しいらしい。それも、誕生日にどうしても必要な、シナモンと沢山のマッチ。デイヴィッドは話を聞きながら、それだけでなく何か他のサプライズプレゼントも用意することにした。

家に戻ったデイヴィッドは、貯金箱からおこづかいを捻り出し、翌朝シナモンとマッチ、そしてイチゴアイスクリームを買った。そして家の台所から、クッキーとお皿・スプーンを持ち出しフェニックスの元へ出発する…。



500回目の誕生日、フェニックスに何が起きるのか。…続きはまた来週。
スポンサーサイト
  •   12, 2010 18:04
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment