AVATAR・・・アバター

091223avatar.jpg



本年初映画、『アバター』。
IMAXシアタで観るべきところを、スケジュールの都合でくしくも断念してノーマル3Dで鑑賞しました。

字幕は恐怖の戸田奈津子。劇中、英語学習初心者のナヴィの英語ならば聞き取れる自分に汗ぽたんっ

前評判通りの革命的映像は、液晶TV的残像が気になるも、とにかく驚嘆のひとこと。植物オタクの同行者はキャメロンマジックに陶酔しておりました。
が、しかしながら…、そのストーリーやらキャラクターの心理描写には今ひとつ踏み込みが足りず、あまりに陳腐。既視観を覚えたのは私だけではないはず。これって、ストーリーのための映像というよりも、映像のためのストーリーなのかい???

それでもやはり、IMAXシアタでリピしようかと迷ってる私って、キャメロン映像革命の術中に見事に嵌ってるかもね。ギャッくしゃスマイル
スポンサーサイト
  •   05, 2010 01:11
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment