INVICTUS・・・インビクタス負けざる者



“I am a master of my fate. I am a captain of my soul.”
ネルソン・マンデラが、27年間の投獄生活の中でしたためる言葉の一節。マンデラ氏の人となりが理解できる象徴的言葉と思う。その彼が大統領就任直後、南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを利用して、人種融和政策を推し進める経緯を描いたのがこの映画。ハリウッドの御大クリント・イーストウッドが撮った期待作でもある。

こう言っちゃうと、なんだか小難しい社会派映画に聞こえるけれど、これは些かニュアンスが違う。シリアスなテーマに、ネルソン・マンデラをとりまく人間ドラマとスポ根ストーリーをからめ、立派な娯楽映画に仕上がっている。
但し、近年のイーストウッドの一連の名作群、『ミスティックリバー』『ミリオンダラーベイビー』『父親たちの星条旗』『チェンジリング』『グラントリノ』なんかに比べると、ちょっと軽いかな。決して悪くはないけれど、そう、「ガツンッ!!!とハートに一発」とはならない映画なのよ。

南アフリカのアパルトヘイトは、人種差別なんていう漠としたイデオロギーレベルの物じゃなくて、人種隔離政策という筋金入りの超悪政だった。今年のサッカーワールドカップ開催に向け、かの国は今どうなってる?



追記:この映画の英語、ほぼ聞き取れます。多分全篇南アフリカ訛り。アメリカ英語ともイギリス英語とも違います。
スポンサーサイト
  •   07, 2010 14:10
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment