Son of Rambow…リトル・ランボーズ…

MV5BNDA2MjY4NDUxNl5BMl5BanBnXkFtZTcwMzE5NTU0MQ@@__V1__SY314_CR11,0,214,314_


久しぶりに、子供が主役の面白映画を見た。『リトル・ランボーズ』とは、1982年のイギリスを舞台に、スタローン主演の『ランボー』を観て刺激された少年たちが、ランボーごっこに夢中になり映画を造っちゃおう…というお話。

とにかく、演技経験の無い主役の二人の少年が素晴らしい!
音楽・映画・テレビなど俗世間の娯楽を一切禁止するプリマス同胞会の教義の元に育ったウィルは、夢と空想の世界を絵に描いて自分の世界に遊ぶ内気な少年。
一方、学校一の札付き不良少年カーターは、老人ホームのオーナーの息子ながら親の愛情に恵まれず、日々悪戯に明け暮れる実はナイーヴな少年。
この二人が出会うことから始まる映画造りの顛末は、少年の持つ想像力と行動力のエネルギーを観る者にストレートに伝える。特にカーターは、『スタンド・バイ・ミー』のリヴァー・フェニックスを彷彿とさせるほどチャーミング。


一見、ドタバタだけど、少年達の心の成長と精神の解放が優しく楽しく描かれていて、なかなか好感の持てる映画だと思う。今の子供って、こういう馬鹿げた遊び方しないよね。まことに残念。


スポンサーサイト
  •   15, 2010 18:52
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment