BURLESQUE…バーレスク…

MV5BMTc4MzEyODI0Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwNjIyNDQ4Mw@@__V1__SX214_CR0,0,214,314_

シェール&クリスティーナ・アギレラ、新旧二人のディーバが競演することで話題の『バーレスク』。
プロの歌手を夢見てアイオワからL.A.に出てきたアリス(クリスティーナ・アギレラ)は、テス(シェール)が経営するナイトクラブ“バーレスク”に魅せられ、ついにはその舞台でソロ歌手を務めるまでになるが…。

ま、よくあるアメリカンドリームをテーマにしたお話なんだけれど、その内容には特筆するもの無く、人物描写もショウビズ界の捕らえ方も浅くて凡庸。しか~~し、劇中バーレスクの舞台で歌い踊りまくるアギレラさんのパフォーマンスは最高!です。彼女の才能がいかんなくなく発揮され、たとえファンでなくてもその魅力に圧倒される事は間違いないでしょう。いや、ほんとに驚いた。

驚きついでに、御歳64才のシェールにもビツクリ!。声量に衰えが見えるものの、彼女の歌もやはり素晴らしい。ホントこの人歳とらないヮ、魔女・妖怪のカテゴリーに入れます。
もともとバーレスクとは、文芸作品のパロディを意味する言葉で、お色気を強調した歌&ダンスで魅せる古式懐しいショウの事。シェールは、そんな言葉を冠するナイトクラブのオーナー役にピッタリだと思う。



というわけで、二人のディーバのパフォーマンスをたっぷり楽しみましょう。そうそう、シェールの善き相方ゲイのショ-ンを演ずるスタンリー・トゥッチ。彼もまた相変わらず上手いです。


スポンサーサイト
  •   22, 2010 14:08
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment