The private lives of Pippa Lee・・・50歳の恋愛白書

10020550love.jpg

『50歳の恋愛白書』なんていうタイトルの上に、キアヌ・リーブスとロビンライト・ペンが主役なんて聞けば、誰だって甘いラブストーリー???って思っちゃうけど、これがどうして恐る恐る観てみたら、とんでもぶっ飛び映画だった!!!

いやぁ、良い意味で大きく予想を裏切る深~~いサイコムービーです。あちこちのレヴューでは、理想の主婦を演じる50歳のピッパ(ロビン・ライト・ペン)が35歳の割には随分と純粋なクリス(キアヌ・リーブス)に出会うことをきっかけに真実の自己に目覚めると評してるけど、違う違う。
幼少時には母親に、結婚してからはその結婚生活自体に、無自覚のうちに抑圧され続けてきた主人公が、50歳にして初めてその抑圧から開放されて行く物語なのよ。そう、まさしく今、煮詰まってる(?!)人間にしか判らないかもね。そんなあなたに超お勧め


スポンサーサイト
  •   09, 2010 21:14
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment