AGORA…アレクサンドリア…

MV5BMTA2MjIwMjE0MjZeQTJeQWpwZ15BbWU3MDU4ODIwODI@__V1__SY317_CR4,0,214,317_
監督:アレハンドロ・アメナーバル
出演::レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック、マイケル・ロンズデール、ルパート・エヴァンズ


ローマ帝国終焉間近の4世紀、エジプトの文化都市アレクサンドリアを舞台に、実在の女性天文学者ヒュパティアの悲劇の物語を描く歴史大作『アレクサンドリア』。監督は『海を飛ぶ夢』『アザーズ』『オープンヨアアイズ』などで知られるアレハンドロ・アメナーベル。


その当時、壮大な所蔵数と充実ぶりを誇ったアレクサンドリア図書館。館長テオの娘ヒュパティアは、知性・教養・人徳・美貌を兼ね備えた天文学者であるがゆえに、その信念を宗教に譲ることを拒み、異教徒として悲劇的最後を遂げる。
自然科学と宗教との対立はいつの時代にも存在する永遠の命題であり、この映画では特に宗教の暴力的不寛容を強調し、キリスト教が科学的発展を大きく阻害する様相を描いていく。カトリックの国スペインの映画とは思えないほどキリスト教徒の邪悪さが際立つが、おそらくキリスト教だけでなく、すべての信仰が政治と結びつく危うさを訴える意図があると思う。それはもう、古代の昔から現在まで連綿と続く戦いの歴史が示している事だけれど…。

主役のレイチェル・ワイズの知性をにじませた演技がすばらしい。彼女に思いを寄せる二人の男性の存在が、ストーリーに奥行きを与える。特に終盤のエピソードに絶句……。
スポンサーサイト
  •   14, 2011 21:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment