Blue Gold : World Water Wars・・・ブルーゴールド狙われた水の真実



冒頭いきなり、水が飲めず枯死した人間の様子が語られ、水不足の恐怖を煽る戦慄の」ドキュメンタリー映画。今現在、既に水供給のアンバランスは始まっていて、石油(ブラックゴールド)にかわって水(ブルーゴールド)が国際紛争の原因になるだろうと警告している。
おまけに、多国籍民間企業が水道事業を支配する国では、高価格の水を買わなければならず、生命にかかわる事として問題になってるらしい。農産物の輸入は、間接的に水を輸入する事と同じで、輸出国は水不足の悪循環を断ち切れない。
ロシア、カナダ、ブラジルが水資源大国だそうで、あのブッシュ家は既にブラジルの水源地の一部を購入済みとか。相変わらず抜け目ないなぁ。
スポンサーサイト
  •   19, 2010 02:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment