The Adjustment Bureau …アジャストメント…

MV5BMTU3ODg3MDAxMl5BMl5BanBnXkFtZTcwMjc0MDMzNA@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_
監督:ジョージ・ノルフィ
キャスト:マッド・デイモン、エミリー・ブラント、テレンス・スタンプ、

人気SF作家フィリップ・K・ディックが1954年に発表した短編小説『調整班』のアイディアを元に製作された『アジャストメント』。
あらかじめ“議長(chairman)"よって描かれた人生から逸脱して、愛する女性を取り戻そうと奔走する新進気鋭の若手政治家と、それを阻止しチャートに予定されたとおりの運命を歩ませようとする運命調整局のエージェントたちとの攻防を描く内容は、クールで無機質なSF映画というよりも、むしろ運命に抗う人間の生々しいラブストーリーと呼びたくなる。

そうなんだ…、SF的要素は沢山登場するけれど、そういったギミックに対する科学的説明は一切無い上に、主人公の人生を調整しようとするエージェントたちの振る舞いが妙に人間臭いので、極めてアナログ的な古典SF作品という印象が強い。おまけに結末に至っては、超真面目な教育的映画と変身しちゃいます。このあたりが、私にとってはビックリ!ガッカリ!





マット・デイモンの代表作『ジェイソン・ボーン』をイメージして観ると、ありゃりゃ?ですね、ハイ。


スポンサーサイト
  •   30, 2011 23:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment